一般媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

家の売却方法

一般媒介(いっぱんばいかい)とは一般媒介契約の略で、お家を売るとき、売却活動を不動産会社に依頼するための契約です。

契約書である媒介契約書には、不動産の法律である宅地建物取引業法に基づいて、次の内容をあらかじめ決めておきます。

  • 売却活動の期間
  • 売出価格(売却価格・販売価格)
  • 仲介手数料

契約書に記名・押印しすると正式な依頼となり、不動産会社は売却活動をスタートします。

媒介契約締結と売却開始

媒介契約には、専属専任媒介専任媒介一般媒介の3種類があります。

家の売却方法媒介契約とは?どの媒介契約が一番多いの?なぜ、その不動産会社に依頼したの?

ここでは、一般媒介とはどのような契約内容なのか一般媒介のメリット・デメリットについてどのような物件の場合に一般媒介を選択すべきなのかについてわかりやすく説明します。

一般媒介とはどのような契約内容なのか

一般媒介は、他の媒介契約と比較すると次のような内容の契約となります。

一般媒介 専任媒介  専属専任媒介
①複数の不動産会社への依頼 できる できない できない
②自分で買主を見つけること できる できる できない
③媒介契約期間 特に決まりはない 3ヶ月以内 3ヶ月以内
④レインズへの登録義務 特に決まりはない 7日以内 5日以内
⑤売主への報告義務 特にきまりはない 2週間に1回以上 1週間に1回以上

①複数の不動産会社への依頼

1社だけでなく、複数の不動産会社に売却活動を依頼することができます

②自分で買主を見つけること

媒介契約期間中でも、自分で買主を見つけて売買することができます。買主を自分で見つけた場合で、契約も自分で行うのであれば仲介手数料を不動産会社に支払う必要はありません。自分で契約書を作成するという方もいれば、司法書士に契約書の作成を依頼する方もいます(費用は数万円)。また、契約等について不動産会社に依頼することも可能で、自分で買主を見つけてきた分、手数料は減額交渉できるのが通例です。

③媒介契約期間

法律上、媒介契約期間の期限はありませんが、3ヶ月間と設定することが一般的です。

媒介契約期間の制限がないため、売主の都合によって媒介契約の解除を申し入れても問題はありません。

④レインズへの取引

法律上、一般媒介契約を結んだ場合、不動産会社はレインズに登録する義務はありませ。このことは売却する上で非常に大きな意味を持ちます。

売却ガイドブック(売却基礎知識)レインズとはなにかについてわかりやすくまとめた

⑤売主への報告義務

法律上、売主への報告義務はありません

一般媒介のメリット・デメリット

一般媒介を選ぶメリットとデメリットは、良くも悪くも、複数の不動産会社に売却活動の依頼ができることです。


メリット:不動産会社間で競わせることができる

最大のメリットがこちらです。複数の不動産会社に依頼することで、不動産会社同士で競わせることができます。

一般媒介のメリット

仲介手数料は成功報酬のため、不動産会社としても売らないことには売主から手数料をいただくことができません。

結果として、早い期間で売れたり、相場より高い金額で売れることもあります。


デメリット:広告費用が(専属)専任媒介より少ない

最大のデメリットがこちらです。不動産会社がいくら広告費をかけても、他社で売れてしまうと手数料が1円も入ってきません。自社で売ることができなければ広告費を捨てたも同然なのです。一方、(専属)専任媒介の場合は、確実に手数料が見込めます。比較すると一般媒介の場合、かける広告費は相対的に少なくなるのが普通です。

家の売却方法専任媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

ただし、一般媒介でも売れ筋人気物件であれば、広告費を投入してくれます。

どのような物件の場合に一般媒介を選択すべきなのか

一般媒介は、複数の不動産会社に売却活動が依頼できるため、不動産会社間で競わせることで、早期での売却が期待できる契約です。

世の中に一つとして同じ不動産はありません。駅チカの物件、人気マンション、人気の学校区など地域によって、人気物件というのは必ず存在します。これがいわゆる「売れ筋人気物件」です。例えば、駅から5分以内の物件で、かつ相場価格であればどの不動産会社に頼んでも売れます。

あなたは、こう自問自答してください。

『自分の不動産は人気物件で、誰もが欲しいだろうからすぐに売れるはずだ』

もし、この問いに「YES」と自信を持って答えることができれば、一般媒介を選ぶべきです。一般媒介を結び、複数の不動産会社同士で競わせて、1円でも高く、そしてできるだけ早く売却すべきです。もし、問いの答えが「NO」なのであれば、専任媒介を選び、手厚く売却活動を行ってもらいましょう。

あなたが予想する自宅の売却価格より、相場価格(実際に売却できる金額)が高いのであれば、人気物件といえます。予想金額が相場価格より低い場合は、この価格が売却できる可能性が高い金額と考慮した上で、どの媒介契約を選ぶのか決めると良いでしょう。

参考 あなたの自宅の相場価格がわかるサイトイクラ不動産
error: Content is protected !!