不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

空き家はそのまま売却すべき?それとも駐車場などに利用したほうがいい?

不動産売却(空き家)

ご主人様
空き家は売却せず、他のなにかに利用した方がよいのかな…

空き家を所有している人のなかには、「取り壊して何かに利用できないか?」と考える人も少なくありません。

こちらでは、空き家を取り壊して駐車場など他に利用できるケースについてわかりやすく説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

空き家を取り壊して活用する方法

「住む人がいない」「管理にお金がかかる」という空き家は、取り壊して活用すればお金を生み出すこともできます。いったいどんな活用方法があるのかみてみましょう。

駐車場として貸し出す

青空駐車場やコインパーキングを運営する活用方法があります。

青空駐車場は初期費用が少なく始めやすい

青空駐車場なら、更地にした状態から線引きをする程度でスタートでき、初期費用はあまりかかりません。月極駐車場として、毎月の収入が見込めます。

それに後になって「駐車場を止めたい」と思って、元に戻すのも難しくないので、比較的始めやすい活用方法です。

機械の設置費用がかかるコインパーキング

コインパーキングは、機械を設置する費用がかかります。また、月極駐車場と違って、一回の利用につき数百円から数千円程度の利益しかありません。機械のメンテナンスやトラブル対応など、「経営をする」のが面倒と感じるかもしれません。専門業者に管理を委託することもできますが、その分の費用が発生します。

そもそも駐車場向きの立地かを考える

駐車場として活用する前に「需要はあるか?」考えましょう。周辺にレジャースポットがあり賑わっている、大型施設があって駐車場が足りないなど、人が集まる立地なら、コインパーキングは利用されるかもしれません。ビジネス街は、月極駐車場にすれば借り手も期待できます。

ただし、周辺にライバル駐車場が多い状況だとあまり利益が出ないかもしれません。事前に周辺の駐車場利用状況を入念にリサーチする必要があります。

税金が高くなる

空き家を壊すことで「住宅用地」ではなくなり、その分、固定資産税が高くなることも考慮しなくてはなりません。

トランクルーム経営をする

近年、土地活用方法として注目されているのがトランクルーム経営です。トランクルームとは、自宅に収納しきれない物やアイテムを収納するスペースを貸し出すサービスです。

初期費用が高い

トランクルームの種類には、建物を建設してスペースごとに貸し出す「屋内型」、更地にコンテナを設置して倉庫のように貸し出す「屋外型」があります。どちらも、「建物を建てる」「コンテナを設置する」など、初めにお金がかかってしまいます。

また、集客できなければ利益があがらないのはもちろん、経営していくために業者と契約すればコストがかかります。

アパートを建てて経営する

駐車場よりも安定した継続的な収入を得られるのがアパート経営です。

長いスパンで収入が見込める活用方法

土地の広さや予算によって建てられる規模は変わりますが、一度建ててしまえば長く家賃収入が期待できます。土地および建物の固定資産税も軽減されるメリットがあります。

初期費用が高く、空室リスクが不安

初めにかなり大きなお金が必要になります。借り手が入れ替わるごとに、室内のリフォームや壊れた設備などの交換にコストがかかります。また、建物自体が劣化するので、外壁塗装などのメンテナンス費用も想定しておく必要があります。

初めに、収入と支出とのシミュレーションをし、長期的に運営ができそうか検討します。立地によっては借り手が少なく、空室が増えて収入を得るのが難しくなると予想される地域もあります。

管理が面倒と感じるかもしれない

借り手を募集する、家賃を回収するなどの業務を管理会社に委託すれば、賃貸経営もそれほど難しくありません。遠方にあって管理が難しい人でも、簡単にアパート経営ができます。

管理委託料をかけずとも自分で運営もできますが、賃貸人の募集から契約の手続き、家賃の回収、トラブルの対応などすべて自分でしなければならないため、この場合いろいろと面倒と感じることもあるかもしれません。

資材置き場として貸し出す

すぐにでも始めやすいのが資材置き場として貸し出す方法です。空き家を壊して更地にすればよいので、初期費用はほぼかかりません。

ただ、周辺住民とのトラブルには注意が必要です。大きなトラックが行き交うことで、「音が気になる」「道路に駐停車していて邪魔」などのクレームが出てくることもあるでしょう。

また、借主に建物を建てられるトラブルも考えられるので、「資材を置くだけ」と初めの契約内容に気を付けなければなりませんし、そもそも資材置き場とするのに、役所で許可が必要な場合もあります。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

まとめ

空き家を取り壊して活用する方法について説明しましたが、すべてに共通するのが「空き家を壊す費用」「スタートするまでの初期費用」にコストがかかるうえ、「運営中の管理費用」もかかる点です。

立地によっては、「需要がなく儲からない」など失敗に終わることもあります。周辺環境を考慮しつつ、需要がある活用方法なのかを考えなければなりません。

考え方によっては、空き家を残したまま売却したほうが「すぐにまとまった売却代金が得られる」「今後の管理の手間が不要」というメリットがあります。

解体前に「今の状態で空き家を売るならいくら?」とその価値を知ってみてから、土地活用について検討してみてはいかがでしょうか。

不動産会社に行かなくても、自分の空き家がいくらなのか「スマホの不動産屋さん」で知ることができます。また、あなたの状況をお伺いし、どのように活用すべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。