不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

空き家の売却方法と査定方法についてわかりやすく説明する

不動産売却(空き家)

奥様
空き家を売りたいんだけどどうすればよいのかしら…?

空き家になっている理由は、相続・転勤・買替など様々ですが、今まで売っていなかったのは「売却してまではお金を必要としていない」からでしょう。

空き家を売却する方法は、普通の不動産売却の流れと同じです。

はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

不動産売却(売却方法)はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

こちらでは、はじめての方へ空き家の売却方法や査定方法についてわかりやすく説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

空き家の売却方法

空き家の処分方法としていくつか考えられます。

建物を解体して売却する

空き家を取り壊してから、土地として売却するには、建物の解体費用がかかります。

木造であれば坪単価3〜5万円前後が相場です(1坪≒3.3㎡)

解体費用は、建物の大きさだけでなく、木造や鉄骨造などの構造でも変わります。また場所が辺鄙(へんぴ)で中心地から離れていると、距離が遠いため費用が高くなるかもしれません。繁忙期には解体費用も高め設定されます。それだけでなく、家の建材にアスベスト(有害物質)が使われていたり、接道条件が悪くて敷地内に取り壊すための重機が入れなかったりすれば、費用はさらに高くなります。

解体して売却するときには、どのくらいの費用がかかるか、複数の解体業者に見積もりを依頼して検討すべきです。

かかった解体費用を回収するつもりで、その分土地価格を高く設定すると売れにくくなることもあります。解体しないならいくらで売れるのか、解体費用はどのくらいかなど、全部ひっくるめて総合的に考えるべきです。
また、国や地方自治体は空き家対策に力を入れているので、助成金制度が設けられている場合がありますので、解体に活用できる補助金がないか、条件を満たしているかも確かめてみてください。

空き家を売却するときは取り壊して解体すべきかどうかについてまとめた

不動産売却(空き家)空き家を売却するときは取り壊して解体すべきかどうかについてまとめた

空き家を残したままで売却する

老朽化がひどくなければ、そのまま売却してもいいでしょう。解体費用をかけずに売却できるので、時間的にも費用的にもおすすめです。また、部分的にリフォームをして売る方法もあります。

ボロボロでも、解体せずに売れるパターンもあります。リノベーションの技術向上に伴い、基礎だけ残して、ほとんど新築と同じような状態に生まれ変わらせることもできるからです。

解体はいつでもできるので、築年数だけで判断せず、まずはボロボロの状態であっても古家付き物件として売り出すのが一般的な売却方法でもあります。

ただし、買主が取り壊しを前提とする場合は、買主が解体費用を負担する分、売却価格から解体費用を引いた価格交渉が入ったり、そもそも解体費用分を差し引いた売出価格に設定するケースも多くみられます。

空き家を売却する方法についてわかりやすくまとめた(マンション・戸建て編)

不動産売却(空き家)空き家を売却する方法についてわかりやすくまとめた(マンション・戸建て編)

買取業者に買い取ってもらう

不動産会社に売却依頼して買主を見つけるときは「いつ売れるか分からない」という難点もあります。買主が見つからないと価格の値下げも止む得なくなります。また、チラシやインターネットによって、周囲に売却していることも知られてしまいます。

このような不安を持ちたくないという人は、不動産買取業者に依頼する方法もあります。不動産会社が直接買取してくれるため、誰にもバレず、早く現金化することが可能です。ただし、一般的な売却方法に比べて売却価格は低くなることに注意が必要です。

不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

空き家の査定方法

ここまで、空き家の売却方法をいくつかお話ししましたが、いきなり不動産会社に売却依頼するのは抵抗があるという人は少なくありません。まずは、いくらぐらいで売れるのか把握した上で、売却するかどうか決めたいところです。

これが「査定」です。査定とは、この不動産ならこのぐらいの価格で売れるだろうという予想の価格を計算することです。不動産は、その性質上世界で同じものがなく、ひとつひとつ異なるため、定価がありません。

机上査定と訪問査定

査定には、机上査定(きじょうさてい)訪問査定(ほうもんさてい)という2つの方法があります。

机上査定とはメール査定とも呼ばれ、不動産会社があなたのお家の中を見ずに査定する方法です。物件の所在地や面積、間取り状況、築年数など、査定に必要な登記簿謄本や図面を取得したうえで、おおよその査定価格を出す方法です。

机上査定とは?机上査定してもらっても意味がない理由について

不動産売却(売却方法)机上査定とは?机上査定してもらっても意味がない理由について

もうひとつの査定方法が訪問査定です。訪問査定とは、不動産会社のスタッフがあなたのお家を訪れ、建物の状況などを隅々まで調査し、周辺環境などの調査も行います

日当たり・眺望・周囲の環境・交通量など、机上査定では分からない部分をチェックし、査定結果に反映させます。

訪問査定とは?売却をお任せすべき不動産会社か簡単に見極める方法

不動産売却(売却方法)訪問査定とは?売却をお任せすべき不動産会社か簡単に見極める方法

どちらの査定方法が良いのかというと、直接相談することができたり、より詳細な数字がわかることから訪問査定がおすすめです。

空き家の査定は机上査定でもよい

とはいえ、空き家の売却を考えたとき、まずは机上査定で査定価格を知ると良いでしょう。なぜなら、空き家の所有者は、遠隔地に住んでいる方が多いからです。また、仮に近くに住んでいたとしても、住んでいないので、現在の建物の状況や周辺環境などはおおまかにしか知らないからです。

冒頭にお話しましたが、そもそも空き家になっている理由は様々ですが、今まで売っていなかったのは「売却してまではお金を必要としていない」からだったはずです。

それが、「空き家を売却しても良いかな」と思ったという背景には、なにか心境や環境の変化があるはずです。もうすでに売却資金の使いみちが決っているなら、査定価格は知りたいはずですし、まずは、机上査定価格を知った上で、そのお金でなにをどうするのか検討しても良いでしょう。

自分が所有している空き家を売却したら、いくらぐらいになるのか査定価格を知りたいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。