不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

空き家を維持するデメリットについてまとめた

不動産売却(空き家)

奥様
親族から不動産を相続したんですが、使い道がないので空き家のままなんですよね

近年、空き家の数が増えていて、自治体が空き家対策にのりだしています。

ここでは、空き家のデメリットについて詳しく解説します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

空き家が増えている

2018年10月時点の空き家率(国内の住宅総数に占める空き家の割合)は13.6%です。

地方を中心に人口減少などで空き家が増えており、県によっては空き家率が20%を超えているところがあります。これは地方に限った話ではなく、東京都や大阪府でも空き家率は10%以上あり、再開発に影響を及ぼしている地域もあります。

空き家が増える理由は、少子化です。

昔は兄弟姉妹が多かったため、親が亡くなっても誰かが親の家にそのまま住んだり、近くで暮らしていたりして管理ができていました。

しかし最近は、進学や就職などをきっかけに親元を離れて都市部に移り住むことが多くなり、親が亡くなってしまうと空き家になってしまうのです。

空き家が増え続けているということは、将来に売却される可能性が高い不動産が増え続けているということに他なりません

売却するとき、ライバルとなる物件が多ければ多いほど売りにくくなります。

空き家が引き起こすトラブル

奥様
確かに空き家ですけど…何が問題?

空き家の近所に住んでいるのなら、問題は起こりにくいでしょう。しかし遠くに住んでいると、どうしても管理が行き届かなくなります。

そうすると、例えば以下のようなトラブルが起きる可能性が出てきます。

住むことができる家であれば、不審者が侵入して家具や電化製品が盗難に遭うかもしれません。

電気配線のショートや不審火によって火災が起こったり、台風で屋根が飛ばされたり庭木が折れたりして近隣に迷惑をかけるおそれもあります。

めったにないことですが、地震でブロック塀が倒れたり、空き家が倒壊して道路をふさいでしまったりするかもしれません。

空き家によって近隣や通行人が被害を受けた場合、その責任は空き家の所有者が負うことになります。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

空き家でも維持費がかかる

空き家であっても税金や維持費がかかります。

誰も住んでいなくても、固定資産税は今まで通り支払う必要があります。

空き家とはいえ財産ですから、火災保険をかけているでしょう。その保険料も安くはありません。

また、たまに使うから…と電気や水道やガスは契約したままのことが多いでしょう。それらには基本使用料がかかります。

当然、家自体の修繕費用も必要ですし、庭があれば草刈りや樹木の管理にも費用が掛かります。

空き家の売却費用は?売らない場合の維持管理の費用と比較してみた

不動産売却(空き家)空き家の売却費用は?売らない場合の維持管理の費用と比較してみた

まとめ

奥様
確かに、空き家の管理は大変なのよ…

空き家は管理が行き届かなくなると、トラブルのもとになります。また空き家を維持し続けるには、いろいろと費用がかかります。

費用をかけないために、自分で草刈りや修繕を行うこともできますが、労力と時間が失われてしまいます。

何年も空き家のために支出があり、最終的に売却することになったとき、その間の税金や管理費用、労力が無駄だったのではないかと思うかもしれません。また、いざ売りに出しても年数を経るほど建物の価値は下がっています。

「将来的に使うことはない」とはっきりしているのであれば、早めに空き家を売却することを真剣に検討すべきです。

いま空き家を売ればいくらぐらいになるのか、査定価格を知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。空き家をそのままにしておくべきか売却すべきか、あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。