残代金決済日・物件の引渡し当日はどんなことをするの?

売却ガイドブック(売却基礎知識)

あなたは不動産売買契約を結び、引越しも済ませました。いよいよ、残代金決済と物件の引渡しです。残代金決済と物件の引渡しが終われば、不動産売却は終わりです

残代金決済日・物件引渡し

残代金決済と物件の引渡しの日は、どのようなことを行うのでしょうか?

ここでは、家を売るときの残代金決済・物件引渡しの当日の流れについて説明します。

残代金決済・物件引渡しの当日の流れ

まず、物件の最終チェックを現地で行います。この際には売主と買主が立会って、境界の確認や設備表などに基づき、契約書とおりの状態で引渡しができるかを確認します。その後、銀行もしくは不動産会社において決済を行います(順番が逆の場合も多いです。また、売主が立ち会わないケースも多く見られます)。

あなたがお家を売却する場合、残代金決済・物件引渡し当日の流れは次の通りです。

残代金決済日当日の流れ

①登記申請の依頼

所有権移転など、登記を代行する司法書士に必要書類を渡して登記を依頼します。また、不動産の所有者であることの本人確認も司法書士の仕事に含まれるため、抵当権抹消登記や住所変更登記などの登録免許税がかからなくても、司法書士への費用が発生するのが一般的です。

買主から全ての売却代金を受け取ったら、不動産は所有権は買主に移ります。よって、残代金決済終了後、当日中に法務局に売主から買主への所有権移転登記などの申請を行うため、決済は平日の午前中に行うのが一般的です。

②残代金の受領

売買金額から手付金を差し引いた残代金を受け取って、領収書を発行します。領収書は不動産会社が準備しています。

売却ガイドブック(売却基礎知識)不動産売買契約の時に全てのお金がもらえるわけではないって知ってた?

③固都税等の清算

固都税(定資産税・市計画税)やマンションの場合の管理費・修繕積立金は、引渡し日までの金額を日割りで計算し、清算金を受け取り領収書を発行します。引渡し前日までは売主であるあなたの負担、当日からは買主側の負担として清算を行うのが一般的です。

参考 固都税の清算方法についてイクラちゃんねる

④関係書類の引渡し

管理規約、分譲時のパンフレット、付帯設備の保証書や取扱説明書など、買主に引き継ぐべき書類をまとめて引渡します。かなり重たくなるので、物件内のわかる場所に置いておき、その旨を買主に告げて引き渡すケースもあります。

⑤鍵の引渡し

買主に、玄関の鍵だけでなく、勝手口や門扉など建物のすべての鍵を引渡し、その確認として「不動産引渡確認証(引渡確認票)」に署名、捺印していただきます。

⑥諸費用の支払い

不動産会社への仲介手数料や司法書士への報酬など、諸費用をお支払いいただきます。領収書は不動産会社が準備しています。

まとめ

残代金決済・物件引渡しの日程や書類などのセッティングは不動産会社が行います(仲介手数料に含まれています)。

ただし、残代金決済の日は、法務局の開いている平日の午前中に行うことが一般的であることは頭の片隅に置いておきましょう。場合によっては、会社に説明して半休を取る必要があるかもしれませんね。

また、決済に持参しなければならない書類やお金を忘れないようにしましょう。

売却ガイドブック(売却基礎知識)残代金決済・引渡しの際に売主が用意しなければならない必要書類等はなに?
error: Content is protected !!