不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

父の借金で自分の家を取られる可能性はあるのかについてまとめた

不動産売却(金銭的理由)

奥様
父が借金している場合、子どもに返済義務が及ぶのかしら…?
ご主人様
父が借金していたら、子どもの家がなくなるという可能性があるのかな?
奥様
父が死亡して借金が残されたら、実家を売却して返済すればいいのかしら…?
ご主人様
亡くなった父の借金を返済できない場合、子どもは自分の家を売って払う必要があるのかな?

父が借金をしていると、子どもとしては大きな不安にかられます。

最悪のシナリオとして、自分の家を売ってまで親の借金を返さなければならないこともあるのでしょうか。

こちらでは、父の借金で子どもの家を取られる可能性があるのか説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

父の借金の返済義務は、保証人になっていない限り子どもには及ばない

父親が借金していると、「もしも払えなくなったときに子どもに支払いが及ぶのでは?」と心配される方がおられます。

しかし、父親が生きている限り、子どもに借金の支払義務が及ぶことはありません。借金は、貸した人と借りた人の個別の契約であり、たとえ子どもであっても契約者ではないため返済義務がないからです。

貸金業法には、「債務者等以外の者に対し、債務者等に代わって債務を弁済することを要求すること。」は禁止されています(貸金業法21条1項第7号)ので、仮に貸金業者から「親子なんだから払うべき」などと肩代わりを求められても支払う必要はありません。

ただし、子どもが父親の借金の「保証人(連帯保証人)」になっている場合には、話が別です。この場合、子どもと債権者(さいけんしゃ:貸した側)との間に保証契約が成立するので、生死に関わらず、父親が支払わなくなったときに子どもが支払いをしなければなりません。

返済できない場合、子どもは自分の家を売ってでも父親の借金を払う必要があります。

父が借金していても、子どもの家はなくならない

父親が借金しているとき、子どもの家がなくなる可能性があるのでしょうか。

父親が生きており、子どもが父親の借金を保証(連帯保証人)していなければ、基本的に子どもの家がなくなることはありません。

ただし、子どもの家を父親のために「抵当(担保)」に入れている場合、父親が滞納したことによって債権者が裁判所に競売を申し立てると、子どもの家が失われる可能性があります。

また子ども自身が、自ら家を売却して父親の借金を肩代わりしてあげることも可能です。ただし義務ではないので、子どもが自分から家を売らない限り、家をとられる可能性はありません。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

父が借金したまま亡くなった場合、借金が子どもに相続される

父親が生きている限り、基本的に父親の借金のせいで子どもの家がなくなることはありませんが、父親が亡くなると状況が変わります。借金やその他の負債は「相続」の対象になり、父親の借金は子どもに引き継がれてしまうからです。

借金が相続されると、相続された借金は「子ども自身の借金」になります。返済できない場合、債権者(貸した側)は、子ども自身の財産を差し押さえて債権回収できます。

たとえば、子ども名義の預貯金や生命保険、車などが差し押さえられる可能性が発生しますし、家を競売にかけられることもあります。

このように借金していた父親が死亡すると、たとえ保証人になっていなくても子どもの家がなくなる可能性が出てくるので、注意が必要です。

父親が死亡して引き継がれる負債の種類

父親が死亡したときに子どもに引き継がれる可能性のある負債には、次のようなものがあります。

ローンなどの借金

事業ローン、カードローン、クレジットカード、個人からの借入金などです。

分割払いの未払金

携帯電話や絵画、骨董品、ブランド品などを分割払いで購入し、まだ完済していなければ未払い分が子どもに引き継がれます。

未払いの家賃、水道光熱費

家賃や水道高熱被害者を滞納していると、子どもに引き継がれます。

未払いの買掛金、リース債権

父親が事業をしていて未払いの買掛金(購入代金)やリース債権があると、子供に支払い義務が及びます。

未払いの損害賠償金

交通事故を起こしたりして損害賠償債務を抱えている場合、子どもに相続されます。

未払いの税金

父親が税金を滞納していると、子どもが相続するので払わないといけません。

実家などの遺産を売却して借金を払う方法

相続時に父親が借金などの負債を抱えている場合、相続すると子どもが払わないといけないので大変な負担です。子どもが自分のお金で払うのは不合理と考える方も多いでしょう。

この場合、まずは父親から引き継いだ遺産で債務を払うことを検討しましょう。

たとえば、預貯金や株式、車などを売った代金でカードローンを払えるかもしれません。実家を相続した場合、実家の土地建物(不動産)を売却したお金で高額なローンを返済できる可能性もあります。

相続放棄によって自分の家を守る方法

父が借金していたとき、残された資産より明らかに負債が大きく、資産をすべて売却しても負債を払いきれないケースがあります。相続すると、支払いきれずに残った債務は子どもが自分の家などの資産を処分しても払わねばなりません。

このようなことになる前に「相続放棄」をしましょう。相続放棄すれば、父親の一切の資産や負債を相続しなくて良くなるので、子どもの家やその他の資産を失わずに済みます。

ただし、一部資産売却したりなど遺産に手をつけてしまうと相続放棄できなくなります。また、親の借金を返済した場合も「相続を承認した」とみなされる可能性があるので注意が必要です。

相続放棄には期間制限もあるので、相続開始後すぐに行いましょう。

父親が借金している場合、存命中なら父の家を売って借金を完済することも可能です。

重要なことは、父の借金(負債)と残された資産のどちらが大きいかを調べることです。まずは、父が所有している実家の不動産がいくらぐらいの価値なのか調べる必要があります。

まずは、現在売れる査定価格がいくらなのか知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの状況をお伺いし、相続すべきか、相続放棄をすべきかなど、どのようにすべきかもアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。