不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

旦那が借金していたら家を取られる?借金取りが家に来る可能性は?

不動産売却(金銭的理由)

奥様
旦那の様子がおかしいと思っていたら、まさかの借金があることが発覚した

このようなケースは少なくありませんが、妻としてはさまざまなことが心配になります。

奥様
家を取られる可能性がある?
奥様
離婚した方が良い?
奥様
借金取りから逃げるために家を出た方が良い?

こちらでは、旦那が借金しているときに妻が知っておくべき家の知識について説明します。

旦那の借金で家が取られる可能性について

まずは、旦那の借金が原因で、今住んでいる家を取られる可能性があるのかについてです。

今の家が妻や親など、旦那以外の人の名義になっている場合は、基本的に旦那の借金によってなくなることはありません。借金を滞納したときの差押対象は、借り入れた本人名義の財産だけだからです。一方、家が旦那名義の場合、家を取られる可能性があります。

旦那がきちんと借金返済をしている限り家に手出しをされませんが、旦那が返済を滞らせると債権者が旦那に「裁判」を起こします。旦那に対して判決で支払い命令が出たら、債権者は「旦那名義の資産」を差し押さえることができます。そのときには、旦那名義の家を競売にかけられて売られてしまうので、家族も一緒に家から追い出されます。

旦那が借金していて家が心配なら、家の所有者は誰なのか登記簿謄本を取得して「登記名義」を確認しましょう。

参考 登記簿謄本の取得方法イクラちゃんねる

もしも旦那名義になっていたら、贈与や売買を検討すると良いです。妻や子どもに贈与する方法もありますし、親族が買い取ってもかまいません。不動産会社に売却してリースバックを受け、家族がそのまま住み続ける方法もあります。

自宅を売却した後も住み続けることができるリースバックとはなにか

不動産売却(売却方法)家を売却した後も住み続けることができるリースバックとはなにか

ただし、破産や個人再生直前の贈与や売買は問題になるので控えましょう。

旦那の借金で家を購入できない可能性について

今住んでいる家が賃貸の場合、将来的にマイホームを購入したいものです。ただ、旦那が借金していると、住宅ローン審査に通らず家を購入できないのでしょうか。

たしかに、旦那さんが借金していると住宅ローン審査の際に問題視されるので、旦那名義のローンは組めない可能性が高まります。ただし、旦那の借金があっても、妻や親、子どもなどの名義であれば問題なく住宅ローンを組めます。

そこで奥さんが働いておられるなら、妻名義で住宅ローンを申しこみ、収入等の条件が足りていたら住宅ローンを利用できます。

親が若くて現役の場合には親名義でも住宅ローンを利用できますし、子どもや兄弟に住宅ローンを申し込んでもらう方法もあります。

ただ、そもそも旦那さんに借金があると、住宅ローン借り入れ後のローン返済が厳しくなる可能性が高くなるので、返済計画をしっかり立ててから借入の申込みをした方が良いでしょう。

旦那が借金していたら家から出た方がよいのか

旦那にまさかの借金が発覚したら、

奥様
自分や子どもにも借金の督促が来るのではないか?

と普通の奥様は不安に思います。

まず、借金の支払い義務は「借りた本人」にしか及ばないのが原則です。借金は貸した人と借りた人の間の契約であり、借りてもいない第三者には返済義務が及ばないからです。

そこで旦那が借金していても、妻や子どもに取り立てが来ることはありませ。万一、そのようなことがあったら違法行為なので、警察などに通報して取り締まってもらえます。

ただし、自宅に「旦那への取り立て」が来る可能性はあります。たとえば、自宅に督促状が届いたり、電話がかかったりしますが、深夜早朝の電話やしつこい電話は禁止されているので、日中に多くて1、2度かかってくる程度です。

一般的には訪問による取り立てまでは行われませんが、どうしても連絡がつかない場合には家に来られるケースもレアですがあります。

旦那が借金をしていても基本的に家族には支払の督促は来ませんし、無理な取り立ては禁止されているので、心配しすぎることはありません。あえて別居するほどの必要性はないと言えるでしょう。

なお、旦那の借金がヤミ金である場合には、この限りではありません。ヤミ金は平気で夜中でも早朝でも電話してきますし、平気で100回でも連続して電話攻撃をしてきます。家を訪ねてきたり、妻に督促・脅迫したりも平気でします。旦那がヤミ金から借金していたら、早急に警察や弁護士に相談して対応してもらう必要があります。

旦那が借金していたら離婚できる?

旦那が秘密で借金していたら、

奥様
離婚しかないかな…

と思う奥様もおられます。

ただ、法律で「借金」は離婚理由になっていません。そこで旦那が離婚を拒絶する限り、離婚できません。離婚するには、旦那と話し合って離婚に納得させ、協議離婚や調停離婚(ちょうていりこん:夫婦2人での話し合いによってまとまらないとき、裁判所に間に入ってもらって話し合うこと)をする必要があります。

また、協議などで離婚する場合でも借金のある旦那の場合、財産分与や慰謝料なども期待できない可能性が高くなります。子どもの親権や養育費などもあり、離婚後の生活も心配です。

確かに旦那が借金していたらショックですが、先に説明したように妻や子どもに督促が来るわけではありません。

すぐに離婚を考えるのではなく、まずは妻が家計管理をして夫にカードやお金を持たせないなど工夫をしましょう。それでも夫が借金をやめず、取り立てが恐ろしくて離婚しかない状況になったときに離婚を検討すると良いでしょう。

借金返済のために家(マンション・戸建て)を手放すと解決できるの?

不動産売却(金銭的理由)借金返済のために家(マンション・戸建て)を手放すと解決できるの?