不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

家をすぐに現金化するための4つの方法についてまとめた

資金難が原因での不動産売却方法

売主

お金がすぐに必要なので、お家を現金化したいんだけど、どうずればよいのかしら…?

低収入で生活費が足りない場合や何らかの事情によって急にお金が必要になったとき、家を現金化できれば便利です。

お家である不動産は高額なので、現金化によって一気にまとまったお金を得ることも可能です。

とはいえ、不動産は食材のようにポンポンと売れる商品ではないため、現金化しづらいという特性があります。

お家を現金化する方法にはいくつか種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

こちらでは、家を現金化する4つの方法についてわかりやすく説明します。

1.家を市場で売却する

家を現金化するためにもっともオーソドックスな方法は、市場での売却です。

市場での売却とは、普通に不動産会社に家の売却活動を依頼して、一般消費者の買主を探してもらい、売買契約を結んで家を買ってもらう方法です。

家が売れたら売却代金が入ってくるので、その時点で家を現金化できます。

家の売却方法不動産を高く売ることができる「仲介」という方法についてまとめた

メリット

しっかり時間をかけて家を市場で売却すると、相場価格やそれ以上の高値で売れます。手元に多くのお金が入ってくるのがメリットです。

デメリット

この方法の大きなデメリットは、時間がかかることです。

まずは売却活動を依頼する不動産会社を探さなければならず、その後も買主を見つけなければなりません。また、売買契約を結んだときに手に入るのは、売買価格の一部である手付金であり、相手にお家を引き渡す際にようやくお金が支払われるので、家の売り出しをしてから現金化までに半年以上かかってしまうケースも珍しくありません。早くても3ヶ月はかかると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、急いで家を現金化するときには向いていません。

2.家を担保に入れてお金を借りる

2つめは、家を担保に入れて銀行など金融機関からお金を借りる方法です。

家に「抵当権(ていとうけん)」をつけて、その担保価値の分の融資を受けるのです。担保(たんぽ)とは、お金を借りた人が返済できない場合、お金を貸した人の損害を補うために設けられるもので、抵当(ていとう)ともいいます。

この方法であれば、担保設定とともにまとまった現金を調達できます。ただし単なる借金ですので、借りたお金は分割払いで返済していく必要があります。

最近では、高齢者が自宅に抵当権を設定して金融機関から必要な融資を受ける「リバースモーゲージ」という方法も人気を集めています。

リバースモーゲージとは、自宅を担保に入れ、その担保価値の限度額までであれば随時お金を借りられる商品です。借りたお金については、家の所有者である借り入れた人が亡くなったときに、家を売却したお金で一括返済を行うのが一般的です。

高齢になり、年金だけでは生活費が不足している場合などには、利用価値の高い現金化の方法です。

家の売却方法自宅を売らず、担保にしてお金を借りられるリバースモーゲージとは?

メリット

メリットは、早く現金化できることです。家の査定が済み、抵当権の設定(抵当権設定登記)と金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく:お金を貸し借りする契約)を結んだら、すぐにお金を手にすることができます。

デメリット

デメリットは、入手できる金額が少ないことです。家を売れば家の価値の満額が手に入りますが、担保に入れて借金する場合には家の評価額の40%程度までくらいしか借りられないこともあります。

また、返済には金利がかかるので、支払い額が借入額よりも大きくなり、経済的には損になります。リバースモーゲージなどの場合、利用中に地価が下がってお家の担保価値が低下すると、金融機関から突然担保価値不足分のお金を支払うように求められるケースもあります。

利用できる不動産も限られています。金融機関側からみても、所有者がいつ亡くなるかわからない以上、どのタイミングで不動産売却して資金を回収できるか予測が難しいのです。そのため、マンションや田舎の戸建ては対象にならないことが多く、地価が下がりづらい都市の中心部の戸建てが利用の条件となっているケースが多いです。

3.不動産会社に直接買い取りしてもらう

3つめの現金化の方法は、不動産会社の買取制度です。これは、家を直接不動産会社に買い取ってもらう方法で、すぐに現金化を考えている人に一番利用されている方法です。

家を市場で売買しようとすると、買主を探すための売却活動や売買契約の条件交渉をしたり、その後双方の都合を合わせてお家の引渡し日を設定したりしないといけないので、数ヶ月単位の時間がかかります。
買取であれば、不動産会社がそのまま家を買い取るので、即時売却が可能で、最短数日で現金化することもできます。

家の売却方法不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

メリット

不動産買取のメリットは、確実に早期に家を現金化できることです。

買取査定をした不動産会社に直接買い取ってもらえるので、その不動産会社が倒産でもしない限りは確実に売買契約を締結できます。つまり、買主が見つからないリスクを避けられます。

市場での売却価格ほどではありませんが、借入のケースよりも手に入る金額が高額になりますし、金利もかかりません。

デメリット

デメリットは、不動産を市場で売却するケースより金額が安くなってしまうことです。不動産会社は、買い取ったお家にリフォームなどして市場で再販売するため、提示する買取価格は、市場で売買する価格より低くなります。急いで、かつ確実に売れる分安くなるのです。その後、市場で売れるかは不動産会社がリスクを負います。

家の現金化で買取か市場での売却(仲介)か迷ったら、時間を取るか価格を取るかで決めます。目安として、3ヶ月程度の余裕があるなら市場で売った方が得になるケースが多いです。

4.リースバックを利用する

最後にご紹介する方法がリースバックです。

これは、不動産会社に家を買い取ってもらってすぐに現金化したいけれど、家を手放したくなく、その後も家に住み続けたい人のための商品です。

具体的には、不動産会社との間で不動産売買契約を結んで家を売り、まとまった現金を手に入れますが、同時には不動産会社との間で賃貸借契約を締結し、賃料を払って家に住み続けることができます。

家の売却方法家を売却した後も住み続けることができるリースバックとはなにか

メリット

リースバックのメリットは、早期に家を現金化できることです。また、家を売却したにもかかわらず同じ家に住み続けられるのも大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

デメリットは売却価格がかなり低くなることです。高く売りたいならば、普通に買取してもらった方が得になります。また、賃料が相場より高額になることもありますし、なによりその後住み続けられる期間も数年間で、いつまでも住み続けられるわけではありません。

不動産会社からしても、買い取ると所有者として地震や台風などの天災地変のリスクも背負わなければならないため、価格が下がってしまうのです。

まとめ

お家をすぐに現金化したいけれど、上記4つの方法のどの制度を利用したらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきか適切なアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。