不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

家のローン・借金で後悔した体験談とそこから学べること

不動産売却(金銭的理由)

家を購入するときは住宅ローンを利用する方が多いのですが、安易に高額な住宅ローンを利用すると後悔してしまうケースが多いので注意が必要です。

実際に家の住宅ローンで後悔するケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

こちらでは失敗の体験談とそこから学べることについて考えてみましょう。

家のローン・借金で後悔した体験談

まずは家のローンを組んで後悔した方の体験談を5つご紹介します。

1.早急に物件を決めすぎて後悔

奥様

夫婦でもともと賃貸住宅に住んでいましたが、周囲の人との関係もうまくいかず「自分達の家がほしい」と考えて家探しを始めました。

不動産会社から格安の物件を進められて「これがいい」と即決し、あまり深く考えずに、調査もそこそこで売買契約を結びました。

ところが購入後、物件の周辺では工場や飛行機などの騒音が激しく環境が悪く、治安も良くない地域であることがわかりました。

子どももいるのでそこには住めないということになり、家を買い替えたために住宅ローンの残債などで、借金が500万円以上残ってしまいました。

2.高額なローンを組みすぎて後悔

奥様

わたしたち夫婦は、もともとの家から住み替えで住宅ローンを組んで家を購入しました。その際、銀行からは「5000万円までは大丈夫」と言われたために、フルローンで5000万円の住宅ローンを組みました。金利は2.2%の固定金利でした。

ところが、実際に返済が始まってみると、月々の返済額がかなり厳しくなり、生活費に充てられるお金が非常に少なくなってしまいました。

家族全員で必死の節約生活を行い、現状はなんとか支払いを継続していますが、もう少し余裕をもった返済計画にすればよかったと後悔しています。

3.繰り上げ返済して後悔

ご主人様

わたしたち夫婦は4000万円の住宅ローンを組んで家を購入しましたが、奥さんが「借金は嫌だ」という考え方の持ち主で、できるだけ繰り上げ返済していきました。

繰り上げ返済のためには日々の生活費を削る必要があったため、家族はレジャーに出掛けることもなく子どもにも我慢させる日々が続いています。またもともと投資なども行っていたのですが、余裕がなくなって一切やめました。

確かに繰り上げ返済によって住宅ローンは返済できているのですが、繰り上げ返済の手数料もかかりましたし、住宅ローン控除の利用枠も減って税金が上がりましたし、手持ち資金がないので突発的な支出に対応できない不安があります。

5年以上こういった生活を続けてきましたが、「これなら住宅ローン控除をフル活用してあまったお金は投資に回し、住宅ローンはそのまま返済していた方が良かったかも」と考えています。

4.金利の高いローンを組んで後悔

奥様

わたしたち夫婦は、ギリギリ住宅ローンを組んで家を購入しましたが、その際、銀行をまわらずに不動産屋からすすめられた銀行でそのまま借入をしました。

金利は2.3%でしたが、後でいろいろ聞いてみると、他行では2%以下で借りられるところなどもあると知り「もっといろいろな金融機関で検討してから住宅ローンを借りれば良かった」と後悔しています。

5.早めに債務整理をせず家を失った

ご主人様

家を購入後、支払いが厳しくなって住宅ローンを滞納してしまいました。

しかし「何とかなるだろう」と思い何の対策もしなかったため、家が競売にかけられて追い出されてしまいました。競売後にもローンが残り、返済に追われています。

早めに対応すれば「任意売却や個人再生などによって解決できた可能性もあったのに」と後悔しています。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

住宅ローンを利用する際の注意点

体験談もふまえて、住宅ローンを利用する際には、次のような点に注意すべきです。

1.物件の検討は慎重に

営業マン

住宅ローンを利用しての物件の購入は慎重に検討しましょう。適当に選んで、あとから「やっぱり気にいらなかった」と思っても、簡単にやり直しはできません。無計画にローンの組み替えをすると借金が増えてしまいます。

2.住宅ローンは必ず返せる範囲で組む

営業マン

住宅ローンを組むときには、必ず余裕をもって返せる範囲で組むべきです。無理をしてローンを組んでも、途中で支払いができなくなったら家を失います。

3.繰り上げ返済が得かどうかはケースバイケース

営業マン

住宅ローンを利用した場合、繰り上げ返済するかどうかも重要な問題です。繰り上げ返済をすると支払い利息が少なくなって得なようですが、一方、住宅ローン控除の枠が減ったり、その期間無理な節約が必要になったり、突発的な支払いに対応できなくなったりなど弊害もあります。

繰り上げ返済をするかどうかは、家族の経済状況や子どもの年齢、状況などによって個別に検討しましょう。

4.支払いが厳しくなったら任意売却や債務整理を検討する

営業マン

住宅ローンを利用しても、支払いが苦しくなるケースがあります。放っておくと家を競売にかけられるリスクが高まります。

早めに任意売却をすると借金を完済できる可能性もありますし、任意整理や個人再生で家を守れる可能性もあります。

支払いが苦しくなったら、放置せずにすぐに弁護士などの専門家や不動産会社などに相談をしましょう。

任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法

不動産売却(金銭的理由)任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法