不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

お家を高く売りたいときに最低限知っておくべきポイントについてまとめた

売却ガイドブック(売却基礎知識)

「転勤や住み替えで新しいマイホームを買い替えたい」「相続した実家を売りたい」など、住まいを売却する理由は十人十色です。

でも、お家を少しでも高く売りたいという気持ちは皆さん共通です。

こちらでは、家を少しでも高く売るためにおさえておきたい2つのポイントについてわかりやすく説明します。

ポイント1.不動産会社選びを失敗しないようにしよう

家を売ろうとしたときに、タイミングよく「家が欲しい」という人が現れてくれると良いですが、現実的には自力で見つけるのは難しいものです。

それに、仮にマイホーム購入を考えている人が身近にいても、その人のニーズに合っていなければ買ってもらうことはできません。

また、大きな買い物になるため、その後のトラブルを防ぐためにも、不動産売買における知識や経験も必要とされるため、家の売却では不動産会社の力に頼るのが一般的です。

ただ、不動産会社ならどこでも良いというわけではありません。

不動産売却は、売却活動を始める前、つまり売り出す前の動き(査定してもらう、不動産会社を選定する)が、その後の良し悪しをほぼ決定づけます

不動産会社選びでは、次のような視点も踏まえ、売却に強い複数の不動産会社を比較することをおすすめします。

査定金額だけで決めない

少しでも高く売りたい気持ちがありすぎると「高い査定金額を出してくれた会社にしよう」と安易に考えがちですが、査定額の高い低いだけを比べて選ぶのは止めておくべきです。

そもそも、査定金額が高くても必ずその金額で売れるわけではないからです。また、媒介契約(ばいかいけいやく:家の売却活動を依頼する契約)を結びたいため、高い査定価格で惹きつけ、売り出し始めてすぐに値下げを提案する不動産会社もなかにはいます。

極端に高い査定金額を提示してくる不動産会社がいたら、その根拠はなにか説明を聞いたうえでじっくり判断する必要があります。

売却ガイドブック(売却基礎知識)おすすめの不動産会社はどこ?売却経験者から学ぼう!

その不動産会社は売却が得意なのかを見極める

ややこしい話なのですが「不動産」といっても様々な仕事があります。お家を売るときは「売買仲介」を扱っている不動産会社を選ばなければなりません。

その中でも、その地域で売却した件数が多い不動産会社を候補に選ぶべきです。不動産会社を選ぶ際には、あくまでも、どうやって売却したら良いのか(できれば高く売るにはどうしたら良いのか)アドバイスを求めるという視点を忘れるべきではないでしょう。

お家の売却を依頼したいのに「賃貸物件の仲介が得意」という不動産会社を選ぶとナンセンスです。

売却ガイドブック(売却基礎知識)家の売却を依頼できる不動産会社を見つける方法(マンション・戸建て・土地編)

営業担当者を見極める

「査定金額に満足」「会社の過去の売却実績も申し分ない」となれば、すぐにお願いしたくなるかもしれません。

ただ、会社だけでなく、営業担当者にも注目すべきです。

売却活動を依頼をすれば、営業担当者と電話で頻繁に連絡を取り合ったり、直接打ち合わせをしたりなど何かと話す機会が多くなります。

そのため、そもそも「気が合わない」という人は難しいでしょう。人間ですので、誰しもが気が合うわけではありません。気が合わない人にお願いすると、あとで本音を言うことができなくなってしまいます

気持ちの良いやり取りができるように、営業担当者も見極めることは重要なポイントです。

売却ガイドブック(売却基礎知識)家の売却を任せる不動産会社の営業担当者の見極め方についてまとめた

ポイント2.内覧を大事にする

内覧(内見ともいう)とは、実際に家の中身を見てもらうことです。

MEMO

内見と内覧の違い

内見(ないけん)と内覧(ないらん)はどちらも同じ意味ですが、一応、不動産業界では次のように使い分けられています。

  • 内見:気になるお部屋を見に行くこと
  • 内覧:完成した新築物件を確認しにいくこと

現在は混同して使われており、中古物件であっても「内覧(ないらん)」と呼んでいるケースが見受けられます。

内覧当日、実際に見てもらったときに、買い手が「イメージと違うな」という気持ちになると、買ってもらえません。「イメージ通り」あるいは「想像していたよりも素敵」と好印象を抱いてもらえば売れるまであと一歩です。

そのため、内覧で「この家を買いたい」と思わせる工夫が大切です。例えば、次のような点があげられます。

丁寧に掃除をする

内覧にやってくる人は、これからの暮らしへの大きな期待を胸に抱いています。

そのため、散らかり放題の雑然とした家、汚れがあちらこちらに見られる家を見せられると買う気がなくなるかもしれません。

住みながら家を売るケースでは、生活感が出るのは仕方がないですが、清潔感は保っていたいものです。「整理整頓がしっかりされている」「日常的な掃除をしっかりしている」を意識していれば、不快な印象を与えることはないでしょう。

また、内覧で特にチェックされるのが水回りです。しつこいカビや水垢など目を背けたくなるような汚れが目立つなら、プロに依頼して綺麗にしてもらうのも検討した方がいいかもしれません。

売却ガイドブック(売却基礎知識)家に住みながら不動産の売却ってできるの?空き家の場合と比較してみた

明るい空間を演出する

「綺麗だ」と思わせるには、明るい空間を演出するのがおすすめです。

天候に関わらず、「カーテンを開ける」「電気をつける」と部屋を明るく見せましょう。天気の良い日なら「こんなに明るい光が射しこむ」というアピールもできます。

部屋のインテリアを工夫する

モデルルームのような素敵なコーディネートは難しいですが、自分のできる範囲でインテリアを工夫してみましょう。

玄関に花を飾る、リビングに観葉植物を置いてみる、ソファーにクッションを置いてみる、布団カバーを変えてみる…など、ちょっとした工夫で好印象を持ってもらえるかもしれません。

また、荷物をすっきりさせておくのもコツです。積み上げた新聞や雑誌、日用品などが室内空間の狭さを感じさせてしまうこともあります。不要なものを処分し、部屋をできるだけ広く見せるように工夫してみましょう。

売却ガイドブック(売却基礎知識)お家を高く売るために内覧のときになにをすべきかわかりやすくまとめた

まとめ

お家を売るときに重要なことは次の2つです。

  1. お家はいくらで売れるのか?
  2. どこの不動産会社に任せればよいのか?

お家を高く売るためには、まず、お家の価格がいくらなのか客観的に知り、その価格を知った上で、不動産各社に、査定金額とどのように売ってもらうのか提案してもらうことです。

お家の売却価格がいくらなのか客観的に知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。