不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

お家を売る前にリフォームするべき?それともそのまま売却するべき?

不動産売却(売却基礎知識)

ご主人様
リフォームできれいにしてから売った方が、高く売れるんじゃない?
奥様
傷んでいるけどこのまま売却しても大丈夫?

そう思う方も多いかもしれませんが、結論から言うと、お家を売る前に自分でリフォームをするべきではないです。

リフォームせずに、そのまま売却したほうが良い理由を、説明していきます。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

中古物件を購入する方の心理

新築ではなく、中古物件の購入を検討している方は、新築よりも安い価格で、かつリフォームを前提として、考えている方が多いです。

室内がきれいかどうかよりも、価格や立地、築年数などで選ばれます。

立地や築年数は変えられないので、売却前にリフォームをするよりも、価格をいくらに設定するのかが、重要になります。

そのため、現状のままで売り出しても問題ありません。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域で売却に強い不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

お部屋があまりに傷んでいる場合

購入を検討される方は、必ずお家を見学しにきます。

その際、あまりに気になる傷や汚れなどは、ある程度きれいにしておいた方が印象も良くなり、購入に繋がりやすくなります。

例えば、壁紙やハウスクリーニングなどは、面積にもよりますが、合計30万円ほどでできます。

30万円で、見た目がとてもきれいになるので、壁紙の張り替えや、ハウスクリーニングをするかどうかは、売却を依頼する不動産会社に、相談してみるのが良いでしょう。

フローリングの張り替え(〜80万円)やキッチン(〜100万円)、お風呂(〜100万円)、洗面台(〜20万円)などの水回りの入れ替えは高いですが、畳や障子の張り替え(〜10万円)は、比較的安い金額でできるので、畳がボロボロだったり、障子が破れたりしていれば、直したほうが良いでしょう。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

リフォーム済み物件の売主はほぼ不動産業者

ご主人様
リフォームしている方が、高く売り出せているよ
奥様
物件サイトに、リフォーム済みで売り出しているお家があるわよ

たしかに物件サイトを見ると、リフォームされたお家も売り出されており、リフォーム物件の方が高く売り出されていますね。

あなたもそれを見て、「リフォームした方が高く売却できる」と思ったのではないでしょうか?

しかし、物件サイトなどに掲載されている、リフォーム済みのお家の売主は、ほとんどが不動産業者です。

不動産業者が、リフォーム前のお家を、相場より安く買取り、リフォームして再販売しているのです。

安く買い取っているので、リフォーム費用をかけても、利益が出ます。

また、不動産業者は一般の方よりも、安くリフォームできる仕組みを持っています。

ですが、一般的な売主はそもそも相場価格で購入していますし、リフォーム費用も高いです。

リフォームして、少し高く売却しても、結果手元に残るお金が、リフォームせずに売却したときと、さほど変わらなくなります。

もしくは、損する場合もあるので、おすすめできません。

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域で売却に強い不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

売却前のリフォームはリスクが高い

売却前に行うリフォームはリスクがいくつかあります。

どのようなことが起こるのでしょうか。

売却前に多額のお金を用意しなければいけない

どのようなリフォームをするかにもよりますが、目安として3LDKのファミリータイプのマンションや、一戸建てをフルリフォームする場合は、400万円ほどかかります。

まだお家が売れていないのに、多額のお金を用意するのは大変ですよね。

また400万円かけたからといって、400万円売却価格が、高くなるわけではありません。

そのため、相場より少し高く売却しても、最終的に手元に残るお金が増えるとは限らない、という訳です。

リフォーム内容によっては売れなくなる

せっかくリフォームしても、必ず売れるとは限りません。

リフォーム内容が、購入者の好みでなければ、売れないのです。

先述したように「中古物件を購入して、好みのリフォームをしたい」という購入者も増えているため、リフォームせずに、そのままの状態で売り出しても、なんの問題もありません。

例えば、キッチンが古くなり見栄えが悪いため、キッチンを新調し、その分、少し売却価格を上げたとします。

キッチンは新品になり見栄えが良くなりましたが、あなたのお家の購入を検討している方の中には、アイランドキッチンにリフォームするつもりの人もいるかもしれません。

そうなれば、購入検討者にとっては、予算オーバーになり、ほかの物件を探すことになります。

また、あなたにとっても、お金も時間も無駄になり、二度手間になってしまいますね。

リフォームに1カ月以上かかることも

一般的に、3LDKなどのファミリータイプのお家を、フルリフォームするには空家の状態で、1カ月ほどかかります。

中古で売却する場合、住みながら売却を進めることが多いので、住みながらリフォームを進めるのは、売主にとってもリフォーム業者にとっても大変です。

仮住まいを用意しなければ、いけなくなるかもしれません。

また、リフォームの納期が遅れたり、手直ししてもらうこともよくあるので、売却時期がどんどん伸びてしまうというリスクもあります。

売却できるまでの期間は、早くて3カ月かかるため、リフォームをする場合、さらに1カ月以上かかるということになります。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定

見学の際は明るくきれいに見せる

お家は、そのままの状態で、売り出しても問題ありませんが、購入希望者が見学しに来た時に、少しでも印象が良くなるように、できることがあります。

見学の際、入った瞬間の印象はとても重要ですので、靴は収納し廊下には物を置かず、スッキリさせておきましょう。

またそれぞれのお部屋は、物が散らかっていれば印象が悪いので、整理整頓しクローゼットなどに収納しましょう。

キッチンやお風呂、洗面台などの水回りは、水アカなど目立ちやすいので、掃除をしておきましょう。

お部屋を明るく見せるために、カーテンは開けておきましょう。

中古の場合、お部屋の使用感が出てしまうのは、仕方のないことですが、できるだけきれいし、印象を良くすることで、購入にも繋がりやすくなります。

見学の際、他に気をつけるべきことはこちら

スマホの不動産屋さん登場

あなたの地域で売却に強い不動産屋がわかる

不動産屋を紹介してもらう

まとめ

中古物件の場合、そのまま売り出しても問題なく、売却する前にリフォームすると、リスクが大きいということが、お分かりいただけたと思います。

多額の費用をかけてリフォームし、少し高く売却しても、手元にお金が残らなければ、ただ手間をかけるだけになってしまいます。

まずは、お家がいくらで売れるのか、お家の価格を把握しておきましょう。

スマホの不動産屋さんでは、匿名&無料でお家の価格を知ることができます。

また、あなたの地域で、多くの売却実績のあるおすすめの不動産会社も、スマホの不動産屋さんで、知ることができるのでぜひご活用ください。

スマホの不動産屋さん登場

24時間以内LINEでお家の価格がわかる

匿名&無料で査定