不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

田舎の家を相続したときの注意点をわかりやすくまとめた

不動産売却(相続)

売主

田舎にある家を相続するんだけど…

使いみちのない田舎の親の家を相続したら、どうするべきなのでしょうか?

こちらでは田舎の家を相続したときの注意点を、わかりやすく説明します。

いらない田舎の家は相続放棄できる?

・今後住む予定はない
・遠方だし管理も大変
・賃貸の需要もない地域
・売っても二束三文だろう

田舎の家を相続するとき、このような理由で「正直いらない…」と思う人もいるでしょう。

相続人(相続する人)は、故人(亡くなった人)の財産を相続しないという選択をすることもできます。これを「相続放棄(そうぞくほうき)」といいます。しかし相続放棄には、次の3つの注意点があります。

① 家だけ相続しないということができない

相続放棄は、「特定の財産だけ放棄」というわけにはいきません。家だけ放棄することはできず、現金やその他の不動産、有価証券などのプラスの資産の相続も全て放棄しなければなりません。

② 相続権は下位に移行する

自分が相続放棄したとしても、相続権は下位の順位の相続人に移行します。

まず故人に配偶者がいた場合、配偶者は必ず相続人になります。配偶者を除いた相続の順位は、次の通りです。

第1順位:子供
第2順位:両親
第3順位:兄弟姉妹

相続放棄するときは下位の順位の人に伝えたり、一緒に話し合ったりしなければ、親族間で揉めるきっかけにもなってしまいます。

③ 相続放棄後も管理の責任が残る

相続放棄すれば全ての責任から逃れられると考える方も多いですが、管理の責任は一定期間続きます。

民法第940条には、次のような条文があります。

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

民法第940条1項

全ての相続人が相続放棄した場合、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらわなければなりません。相続人は、相続放棄したとしても相続財産管理人が決定するまで家の管理の義務が続きます

また、相続放棄する財産が不動産のみの場合、選任の申請には数十万円の予納金が必要になることがあります。

相続した田舎の家は売れるうちに売却するべき

相続財産が田舎の家だけではなかったり、相続放棄する手続きや費用の方が負担になってしまったりするので、結果として相続放棄が選択されるケースは多くありません。

遠方にあって「自分で住むつもりはない」「賃貸の需要も見込めない」という田舎の家を相続したら、そのまま放置せずに速やかに売却するのが一番でしょう。

売却すべき大きな理由は、継続的にかかる維持費用です。

家が建っている土地の固定資産税は、最大1/6にまで減税される優遇措置が適用されているので、現時点の固定資産税はそれほど高くないかもしれません。

しかしこのせいで、空き家を放置する所有者が増えているため、「空き家対策特別措置法」の施行により、空き家の管理を怠ればこの優遇措置の適用外になってしまい、税金が6倍になる可能性が出てきています。

固定資産税が実質増税することを避けるには、適正な管理が必要です。

しかし、田舎の家となると、管理をするのも所有者にとって大きな負担になります。草木の剪定(せんてい)や家の換気のために、所有者が定期的に足を運ぶのが理想ですが、それが難しければ空き家の管理業者に管理を委託することもできます。

空き家の管理業者の相場は、月1回の簡単な剪定と見回りで1万円ほどです。修繕などには対応してくれませんので、屋根材や外壁、窓ガラスの損傷や雨漏りなどがあれば別途費用がかかります。

不動産売却(空き家)空き家を管理する会社はどこが良いのか比較してみた

また、地震や台風など天災地変があったとき、周辺に迷惑がかからないかも心配です。

田舎の家といえども、維持していくには年間20万円以上かかることも普通にあります。

人口減少社会に入り、特に地方での過疎と少子化に伴い、空き家問題が深刻化している昨今ですから、田舎の家は売れるうちに売り切ってしまうのが賢明な判断です。

まず、どれぐらいの価格で売れるのか相場価格を知りたいという方や、田舎のお家を相続してどうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

売れない田舎の家の処分方法

使いみちのない田舎の家は売却がおすすめとはいえ、使いみちがないからこそ売ることも難しいというのが事実です。田舎の家がなかなか売れない場合は、次の2つの対策を講じてみましょう。

① 高く売ろうと思わない

売れない原因は多くの場合、価格の問題です。

売主

これ以上、価格を下げられない

売主

査定金額より低くした

このような言い分も出てくると思いますが、田舎の家の売却は、極論で言ってしまえば無料でも売ってしまうくらいの気持ちが必要です。

そもそも査定価格とは、不動産会社が周辺相場を参考に算出する「予想金額」にすぎません。取引数が少なく、需要が低い田舎の場合、査定価格はあまり参考にすべきではありません。

売れない期間が続くのは、「その金額では欲しい人がいない」ということであり、妥当な金額ではない証拠です。査定価格を基準にするのではなく、問い合わせ数などをもとに、買い手のニーズを考えて価格を引き下げていくことを考えてみてください。

② 「買取」を検討する

なかなか売れない家は、一般の人ではなく不動産会社に直接買い取ってもらうというのも選択肢の1つです。これは、一般消費者向けに売却する「仲介(ちゅうかい)」という方法に対して、「買取(かいとり)」といわれる売却方法です。

家の売却方法不動産を高く売ることができる「仲介」という方法についてまとめた

「仲介」の方が高く売ることができますが、なかなか売れない田舎の家は、待っていてもいつまでも売れない可能性があります。

価格面で妥協することができれば、早く確実に売却することができるため、1つの売却方法として検討してみてはいかがでしょうか。

家の売却方法不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた
error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。