不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

病気で住宅ローンを払えない!保険などを使った対処方法を解説!

不動産売却(金銭的理由)

ご主人様

突然大きな病気をして働けなくなった…

ご主人様

病気で住宅ローンを払えない…

奥様

住宅ローンの団体信用生命保険は病気では利用できないの?

病気になって治療が長びくと、住宅ローンを払えなくなってしまうリスクが高まります。

そんなとき、団体信用生命保険やあなた自身が加入している医療保険などで対応できる可能性があります。

こちらでは、病気で住宅ローンを払えなくなったケースの対処方法をわかりやすく説明します。

1.団体信用生命保険を利用する

病気で住宅ローンを返せなくなったとき、まずは「団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)」の利用を検討しましょう。

団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りるときに加入する生命保険です。住宅ローンの借入期間は長く、その間に何が起こるかわかりません。高額な資金を貸し付けて、途中で死亡されては金融機関に大損害が発生します。そこで多くの金融機関は、住宅ローン貸付をするときには、団体信用生命保険に加入させます。

団体信用生命保険は生命保険の一種ですので、適用されるのは基本的に「死亡したケース」です。死亡すると、保険からその時点における住宅ローンの残額が全額支払われるので、残った家族は住宅ローンを返さなくても家に住めます。

このように、基本的に「死亡」時に適用される保険なので、「病気」には適用されないのが原則です。

病気でも適用されるケース

団体信用生命保険に、3大疾病や7大疾病の特約をつけている場合、病気にも適用される可能性があります

通常、3大疾病は「がん、心筋梗塞、脳卒中」7大疾病は「がん、心筋梗塞、脳卒中、腎不全、糖尿病、肝硬変、高血圧」です。

これらに該当する病気になった場合、あなたの加入している団体信用生命保険にこうした特約がついていないか確認しましょう。

2.医療保険を利用する

団体信用生命保険に疾病特約をつけていなかった場合や、該当する病気ではなかった場合には、団体信用生命保険を適用できません。

その場合、あなたが加入している「医療保険」を見直してみましょう。医療保険は、病気になって入院や通院をしたときに給付を受けられる保険です。

たとえば、がん保険の場合、がんと診断された時点で一時金が給付されたり、入院1日について〇〇円などの給付を受けられたりします。一時金の給付を受けられたら、そのお金でしばらく住宅ローンを払えるでしょう。

保険金は自分から申請しないと受け取れません。病気になったら加入している保険内容をしっかり確認して、受けとれるお金はしっかり受けとりましょう。

3.労災保険や健康保険の給付制度を利用する

業務中や通勤途中に事故に遭って怪我をした場合や、業務に起因して病気になった場合には「労災保険」を利用できます。

労災保険が適用されると給料の8割程度の「休業補償給付(きゅうぎょうほしょうきゅうふ)」という給付金を受けとることができますし、治療費は全額労災保険が負担してくれます。それだけあれば、当面住宅ローンの返済を続けられる可能性が高いです。

労災保険は労働基準監督署に申請をしないと受けとれないので、早めに請求をしましょう。

また、病気の原因が労働災害ではない場合、健康保険の「傷病手当金(しょうびょうてあてきん)」というお金を受けとることも可能です。傷病手当金とは、健康保険に加入していた人が病気や怪我で働けなくなったときに受けとれる給付金です。

金額は、従前の給与額の66%程度となり、支給期間は1年半です。これを受けとることによって住宅ローン返済を継続していける可能性もあるので、忘れずに申請しましょう。申請先は、加入していた健康保険組合や協会けんぽです。

4.返済を待ってもらう

上記のような方法を使っても住宅ローンの返済がどうしても苦しい場合、金融機関に相談して返済を待ってもらう方法があります(リスケジュールといいます)。

状況を相談して理解してもらえれば、1年間元本の支払いを猶予して、利息の返済だけにしてもらえるケースもあります。その間に病気が治って働けるようになれば、家を守れます。

5.家を売却する

ここまで紹介したどの方法も利用できない方もおられます。たとえば、個人事業主の場合、労災適用外ですし、健康保険の傷病手当金の支給も受けられません。

また、何とか住宅ローンを返していくことはできても、そのために生活を切り詰めなければならないのは苦しいので、根本的に住宅ローンから解放されたい方もおられます。

その場合、家を売却することで、問題を解決できますが、家の価格が残っている住宅ローンの金額より高いか低いかが大きな問題となります。

家の価値が残っている住宅ローンの金額より高いのであれば、通常通りに家を市場で売却して、売却代金で住宅ローンを完済することによって、苦しい住宅ローンから解放されます。

自宅の価値(査定価格)を知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、病気で住宅ローン返済が厳しくなった場合にどのようにすべきか、あなたにあったアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。