不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

住宅ローンの返済が苦しい場合どうすべきか対処方法についてまとめた

不動産売却(金銭的理由)

奥様
住宅ローンの返済が苦しい。。。どうにかできないだろうか…?
奥様
このままだと、支払いができなくなってしまう…
奥様
住宅ローンが苦しくて滞納してしまい、困っている…

もしも、あなたが住宅ローンの支払いを「苦しい」と感じているなら、解決方法があります。

こちらでは、住宅ローン返済が苦しい場合の対処方法についてわかりやすく説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

家計の「無駄」をそぎ落とす

住宅ローンの支払いが「苦しい」なら、一度家計を見直してみましょう。

債務の支払いができなくなる方の多くは、家計の管理が苦手というケースです。これまで家計の収支表を作ったことがないなら、一度、毎月の収入額と支出額を表にして、何にどれだけ使っているか確認しましょう。

このように見える化すると、月々の無駄な支出や削れる部分が明らかになります。たとえば、生命保険を解約したり、携帯電話を格安スマホに変えたり、車を売却したりすると、収支がプラスに転じるケースも多々あります。特に積立型の生命保険の場合、解約すると解約返戻金が返ってくるので、それを住宅ローンの返済に充てることも可能です。

また、日頃のレジャー費用や外食費などを抑えると家計が楽になります。お家に使っていなくて、売れるものがあったらフリマアプリなどを使って売ってしまいましょう。

金融機関にリスケの相談をする

家計を見直しても解決できない場合は、銀行などの借入先に「リスケジュール」の相談をします。

リスケジュール(リスケ)とは、住宅ローンの返済方法を変更し、返済計画を再設定することです。

支払いがどうしても苦しいことを相談すると、1年間、利息の支払いだけにしてくれるケースなどもあります。

その間に現在の苦しい状況を建て直せば、リスケジュールが終わる頃には再度約束通りに支払っていくことが可能となります。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

住宅ローンの借り換えをする

今の住宅ローンの返済条件が厳しい場合、借り換えも1つの方法です。

住宅ローンの金利は経済状況によって変動します。借入時期だけではなく、借入先の金融機関(銀行)、固定金利か変動金利かによっても大きく異なります。

また、返済期間によっても毎月の返済額が変わり、返済期間が長くなればその分月々の支払い額を抑えられます。

今の借入先の返済条件が苦しくても、新たに別の金融機関に住宅ローンを申込み、より有利な条件で借り入れができれば、返済を続けていくことができる可能性があります。

カードローンやキャッシングで調達するのはNG

上記の方法を検討しても住宅ローンが支払えない場合、消費者金融やキャッシング、カードローンなどで住宅ローンを返済しようとする方がいます。

しかし、これらを利用することは絶対やめてください

消費者金融などは住宅ローンよりもはるかに高い金利となっており、借りたら最後返せなくなって雪だるま式に借金が増えていき、最終的には自己破産などが必要になり、家ももろとも財産を失うことになってしまうからです。

消費者金融などを利用するならば「必ず1か月以内に一括で返せる見込みがある」場合など、短期で確実に返済可能なケースに限るべきです。どんなに住宅ローン返済が苦しいとしても、それ以外の利用は控えてください

債務整理(さいむせいり)する

すでに住宅ローンを何ヶ月分も滞納してしまったり、保証会社が代位弁済(だいいべんさい)してしまったり、あるいは競売(けいばい)にかかったりしている場合には、もはや銀行との相談や借り換えなどによって対応することができません。

住宅ローンを払えなくて厳しいけど滞納するとどうなるの?どうすればよいの?

不動産売却(金銭的理由)住宅ローンを払えなくて厳しいけど滞納するとどうなるの?どうすればよいの?

また、借金が多くてやりくりできず、首が回らなくなってついつい消費者金融に手を出してしまう方もいます。

そのような場合には、「債務整理(さいむせいり)」によって解決する方法が効果的です。

債務整理とは、住宅ローンやキャッシング、ローンなどの負債を整理するための手続きです。金利をカットしたり、元本を減額・免除したりして、借金問題を解決できます。

家を失いたくない場合には、「個人再生」という債務整理手続きの「住宅ローン特則」を利用すれば、住宅ローンを支払いながら他の借金のみを減額し、家を手元に残すことができます。

任意整理でも家を手放さずにカードローンなどの借金を整理できますし、家がなくなっても良いのであれば、自己破産によって住宅ローンを含めたすべての借金を0にすることが可能です。

家を任意売却する

住宅ローンが苦しくてどうしても払えないなら、いったん家を売却してすっきりする方法も検討してみましょう。

住宅ローンの返済中であっても、お家の売却代金が、残っている住宅ローンの金額より高ければ、銀行など金融機関の承諾なしに自らの判断で、お家を売却することができます。

一方、お家の売却代金が、残っている住宅ローンの金額より低ければ、銀行など金融機関の承諾をとって、任意売却(にんいばいきゃく)という方法で売却することができます。

任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法

不動産売却(金銭的理由)任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法

住宅ローンを滞納し続けると、いずれ家は競売(けいばい)となり強制的に手放さなければなりませんが、その前に市場で売却したら、競売にかかるより高額で売れて、住宅ローンを完済できる可能性も高まります。また、住宅ローンが残っていても、少額であれば分割払いなどの方法で、自力で完済できるでしょう。

家の売却後は賃貸住宅を借りて生活すれば問題ありませんし、後に状況が落ち着いてからまた新たに家を購入することも可能です。

住宅ローンの支払いが厳しくなると、これからどうなるのか不安で不安でたまらなくなります。住宅ローンの返済がどうしても苦しいなら、最悪の状況に陥るリスクをふまえて、お家を手放すことも考えておくべきです。

少なくとも、お家の売却代金が残っている住宅ローンの金額よりも高ければ、銀行などに相談せずとも自らの判断で売却ができるため、まずはお家の査定価格を知っておくべきでしょう。

自分のお家がいくらなのか知りたいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの住宅ローンの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。