不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

住宅ローンの返済がつらい理由とその対処方法についてまとめた

不動産売却(金銭的理由)

奥様

住宅ローンを借りたけれど、返済がつらい…

奥様

住宅ローンの返済がつらいとき、どうしたら良いものかしら…?

ご主人様

住宅ローンをつらいと感じずに毎月返済できるラインはどのくらいかな?

住宅ローンで家を購入した場合、最初は良くてもだんだんと「返済がつらい…」と感じる方は少なくありません。

こちらでは、なぜ住宅ローンの返済がつらくなるのか、辛くなってしまった場合の対処方法についてわかりやすく説明します。

住宅ローン返済がつらい理由

住宅ローンを使うと手元に現金がなくても高額な家を購入できますが、その後「返済がつらい」と感じる人はとても多いですし、実際に支払いができなくなってしまう人もいます。

どうして住宅ローン返済がつらくなってしまうのでしょうか。

1.無理をして借りている

一番の大きな理由は「もともと無理をして住宅ローンを借りている」からです。

安定した職業についていて、最低限の給料が継続的にもらえているなら、銀行は住宅ローンを貸してくれますが、無理をして借りても結局は支払いが苦しくなります。

2.ボーナス払い

住宅ローンを利用するとき、ボーナス払いを設定していることも理由の1つです。ボーナス払いとは、通常の毎月返済金額を抑える代わりにボーナス月の支払い額を多くする返済方法です。

確かにボーナス払いを利用すると、月々の手取りが少ない方でも返済しやすいように思えます。しかし、実際にボーナスが入ってくると、日頃の赤字を埋め合わせたり、気が大きくなってちょっと贅沢をしたり旅行に行ったりしてしまい、出費も増えてしまうものです。すると、結局は住宅ローンに充てるお金がなくなり、支払いがつらくなります。

また、公務員などでボーナスが確実に出る方は良いですが、出なくなる可能性のある人は、出なくなったときに支払えなくなるリスクが高くなります。

3.途中で事情が変わった

住宅ローンの返済期間は30年以上になることもあり、非常に長いです。その間にどのような状況の変化があるか現時点では予想がつきません。病気や怪我をして働けなくなることもありますし、リストラで失業する可能性もあります。

このように返済途中で事情が変わり、返済がつらくなってしまう方も多いのです。

つらくならない住宅ローン借入の金額は

住宅ローン返済がつらくなるのは、そもそも「入ってくる収入に比べて返済金額が高すぎる」からです。つらくならないのはどの程度の借入額なのか、年収に比べた適切な借入額を確認しましょう。

1.返済比率(返済負担率)

住宅ローンと年収の適切な関係の指標として「返済比率(返済負担率)」があります。略されて「返比(へんぴ)」とも呼ばれます。

返済比率(返済負担率)とは、年収に対して年間の住宅ローン返済額が占める割合です。この場合の年収は、税金や健康保険料等を引いた手取り額で計算します。返済比率が高ければ高いほど、生活費など他に充てることができるお金が少なくなるので、支払えなくなるリスクが高くなります。

たとえば年収500万円の人が年間150万円の住宅ローンを支払う場合、返済比率は30%となります。銀行でも住宅ローンの審査をするときに必ず返済比率の計算をしており、返済比率が一定以上高くなると、審査で落とし、住宅ローンを借りることができません。審査基準は金融機関にもよりますが、だいたい30~35%程度です。

ただ、「返済負担率が30%なら返済がつらくならない」という意味ではありません。家族の状況などにより、給料をあまりローンに回せないのであれば負担率が20%でもつらくなる可能性があります。

あくまでも目安ですので、返済負担率の数字だけではなく、自分たちの家計状況に応じて判断しましょう。

2.年収の5倍

住宅ローンと年収についてのもう1つの指標として「住宅ローンの借入金額は年収の約5倍」というものです。借りられる最大金額は「年収の約7倍」とされているので、約5倍程度であればつらくないということになります。たとえば、年収500万円の人なら2,500万円というのが1つの指標となります。

ただ、これもあくまで一般的な指標です。独身であまりお金を使わない方なら、多くのローンを借りても余裕がありますが、家族があり出費が多い人は同じ借入金額でも負担が大きくなってしまいます。

また、今は独身でお金がいらなくても、将来結婚して子供ができる可能性もあります。

このように、年収と住宅ローン借入額の関係については絶対な基準ではないので、参考程度に覚えておくのが良いでしょう。

住宅ローンの返済がつらい場合の対処方法

いろいろな事情で住宅ローン返済がつらくなったときの対処方法として、次のようなことがあげられます。

1.住宅ローンの借り換え

1つは住宅ローンを借り換えです。

今より金利が低くなったり、返済期間が長くなる住宅ローンに借り換えると、楽に返済を継続できる可能性があります。

固定金利か変動金利かによっても金利や月々の返済額が大きく変わるので、銀行に相談に行ってシミュレーションしてもらい、判断しましょう。

2.家の住み替え

今の家をあきらめて住み替えるのも1つの方法です。今より価格の低い家に住み替えたら、次のローン借入額は今のローン借入額より低くなりますし、月々の返済額も下がるので、支払いが楽になります。

3.すでに住宅ローンを滞納している場合は任意売却

すでに住宅ローンを滞納している場合は注意です。

今お家を売却したとしても、売却価格が残っている住宅ローンより低い場合は、普通の方法では売却できませんが、任意売却(にんいばいきゃく)によってつらい住宅ローンから逃れられる可能性があります。

任意売却とは、借入先の銀行など金融機関と相談をして、お家を少しでも高く売るために、市場で売却する方法です。

不動産売却(金銭的理由)住宅ローン滞納後の流れと対処方法についてわかりやすく説明する

まとめ

住宅ローンの返済がつらいと思ったときに、まず現在の自宅の売却価格がいくらなのか知っておくべきです。

もし、残っている住宅ローンの金額より高ければ、最悪売却すれば現在の状況から逃れることができますし、住宅ローンの借り換えや住み替えも可能です。

ただ、残っている住宅ローンの金額より低くければ、選択肢が限られてきます。まずは借り換えできるかを考えます。すでに延滞している場合は取れる選択肢は、銀行にお願いして借りている条件を見なおしてもらうか(リスケ)、断られた場合は任意売却の方法を取るしかなくなってきます。

住宅ローンを延滞して放置しておくと、裁判所から競売(けいばい・きょうばい)によって強制的に売却されてしまいます。

住宅ローンの返済がつらく、どうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。まずはあなたの現在の自宅の売却価格をお調べした上で、状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。