不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

買い替え・住み替えするときに住んでいる家を売却するタイミングはいつ?

不動産売却(買い替え)

奥様
買い替えのとき、住んでいる家をいつ売却するのかわからない…

お家の買い替え・住み替えは、いま住んでいる家を売却して、新居を購入するという作業が必要になります。

こちらでは、買い替え時に家を売却するタイミングについてわかりやすく説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

1.家の買い替え・住み替えは、売却のタイミングが大事

住んでいる家の売却が先でも、新居の購入が先でも、どちらでも家の買い替えは可能です。

購入を先にする買い替え買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

売却を先にする買い替え売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

しかし、購入を先にする買い替えは、どちらかというと資産に余裕がある方に向いている方法だといえます。

奥様
住んでいる家の売却資金を新居購入の資金に充てたい
ご主人様
住んでいる家のローンが残っている…

このような場合の買い替えでは、購入よりも売却のタイミングを考えるべきです。

売却のタイミングが大事な理由①:売れる時期は予測できない

家を購入するタイミングは、自分次第で決まる要素が大きいことが挙げられます。

もちろん「買いたい!」と思った物件でもすでに他の買主が決まっているような場合は、買いたくても買うことはできません。しかし、購入できるタイミングは、売却よりも見定めやすいといえます。

一方、家の売却は、購入希望者が現れない限り売れません。つまり、他力本願な部分が大きいので、予測が難しいということです。

売れる時期がわからない以上、家の買い替えは売却を優先的に考えるべきなのです。

売却のタイミングが大事な理由②:売れなければ予算が確定しない

売却のタイミングが大事ということには、売れなければ新居の予算が決められないという理由もあります。

奥様
住んでいる家の査定額が3,000万円だったから、新居も3,000万円のものを買おう!

そう思って新居の購入を先行させ、結果として住んでいる家が2,800万円でしか売れなかったら、その後の生活に重大な影響を与えてしまいます。

このようにいま住んでいる家が「いくらで売れるか」が新居の予算に影響を与えるような場合は、とくに売却のタイミングを考える必要性があるでしょう。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

2.家の売却スケジュールを把握する

買い替え時の売買のタイミングを考えるには、家の売却がどのように進んでいくか、スケジュールを把握するべきです。

ただし、スケジュールがわかったとしても、いつ売れるかは状況次第です。おおよその目安ですが、家を売りに出してから売却金額を手にする(残代金決済)までに、4~5ヶ月かかるのが一般的だといわれています。

  1. 不動産会社の決定・媒介契約(売却活動の依頼契約)締結
  2. 売却活動開始
  3. 購入希望者の見学
  4. 買主からの購入申込み
  5. 買主と売買金額や引渡し時期などの交渉・話し合い
  6. 不動産売買契約・手付金を受け取る
  7. 残代金決済・引き渡し

家の買い替えは売却に向けて早めに動き出すべき

家が売れるまでに4~5ヶ月かかるというのが一般的ですが、ここには不動産会社を選ぶ期間は含まれていません。

「家がいくらで売れるのか、いつ売れるのか」というのは不動産会社にかかっているといっても過言ではありません。「早く新居を買いたいから、早く家を売りたい!」と思っても、不動産会社の比較や検討をする時間は十分に確保するべきです。

「買い替えをしたい」と思ったら、早め早めに不動産会社を選定して、時間的な余裕を持った上で売却を始めるべきだといえます。

買い替えの場合は引渡しまでの期間を長く取ることも可能

ご主人様
早めに売却相談してすぐに売れてしまったら、新居を探す時間が確保できないのでは…?

と心配になるかもしれません。

不動産売買契約から引渡しまでは、早くておよそ1ヶ月です。しかし、買い替え時の家の売却に関しては、引渡しまでの期間を3ヶ月ほどとすることもできます。買主の都合もあるので必ず3ヶ月にできるわけではありませんが、買い替えという売主の都合に合わせて引渡しまでの期間を長めに取ってくれるケースも交渉によって可能です。

3.売却と購入を同時進行させる

「売り先行」「売却のタイミングが大事」といっても、売却が決まってから新居探しに取り掛かるのではなく、家の買い替えでは、売りながら新居も探すというのが一般的です。

売却期間中にある程度、新居の目星をつけておくことで、売却後にすみやかに購入に移行することができます。

売却中に新居の内覧を始める

売れなければ予算が確定しないといっても、ざっくりとした予算は立っているはずです。住んでいる家の売却期間中に、新居となる家を探し、内覧(ないらん:お家の見学)をしましょう。

売却と購入を同じ不動産会社に依頼するのも1つの選択肢

買い替えだからといって、必ずしも住んでいる家の売却と新居の購入を同じ不動産会社にする必要はありません。

しかし「売れなきゃ買えない」「売り買いを同時に進行させたい」という場合には、買い替えは1つの不動産会社に任せるほうがスムーズに進みます。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

お家の買い替え・住み替えは同じ不動産会社に依頼するべき?

ただし、その場合にも、重点を置くべきは売却です。買いにくさよりも売りにくさが上回り、家を売却する条件次第で新居が決まるのですから、あなたの家を少しでも高く、早く売ってくれる不動産会社に買い替えをお願いするべきだといえます。

自分が住んでいる地域の売却に強い不動産会社が知りたいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたのお家がいくらぐらいで売れるのか査定価格を教えてもらうこともできます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。