不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

家の買い替え・住み替えで買取保証(売却保証)をつけるメリット・デメリット

不動産売却(買い替え)

奥様

お家の買取保証ってなに?

買取保証とは、家が「売れない」ことを避けるために不動産会社がつける保証のことです。

こちらでは、買い替え・住み替えのときに買取保証をつけるメリット・デメリットについて説明します。

買取保障(売却保証)とは

買取保証とは、不動産会社が提供するサービスで、限られた期間内に家が売却できなかった場合に、あらかじめ決められた金額で不動産会社が自ら買い取ってくれるというもので保険のようなものです。不動産会社によっては、「売却保証」というサービスで提供されていることもあります。

家の買い替えでは、とくに「このときまでに売りたい」という期日があることが多いので、買い替えする方であれば買取保証のことをよく知っておくべきです。

買取保証の流れは次の通りです。

① 買取価格と買取にいたる期日を決める

買取保証をつけたとしても、まずは一般の消費者に向けて売却活動をします(「仲介」という方法です)。

不動産を高く売る方法である「仲介」とはなにかについてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産を高く売る方法である「仲介」とはなにかについてまとめた

売却前に「いつまでたっても売れない」ということを防ぐために、「〇月〇日までに売れなかったら、〇〇万円で不動産会社が買い取る」ということをあらかじめ決めておきます。

② 一般の消費者に向けて売却活動する

決められた期日までは、一般的な方法で売却活動します。その間に買主が見つかれば、不動産売買契約を締結します。この場合、買取保証は効力を発揮することはありません。不動産会社は、引渡しまで「仲介」してくれるだけです。

③ 売れずに期日が来たら不動産会社が買い取る

期日までに一般消費者に売れなかった場合は、あらかじめ決められた金額で不動産会社が家を直接買い取ります。

買取保証をつけるメリット

買取保証の最大のメリットは、「売れない」ことが防げる点です。

一般的な売却だと、家が売れて引渡しが完了するまでには3~5ヶ月かかるといわれています。これは平均的な期間であって、売却までに半年や1年かかったりと、いつまでたってもなかなか売れなかったりすることは珍しいことではありません。

例えば、買い先行の買い替えで、「新居の引渡し日に今住んでいる家の引渡し日を合わせたい!」というときは、買取保証をつけるのに適しているケースだといえます。

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

また、住宅ローンが残っていたり、売却金額を購入資金に充てる場合には、今住んでいる家が売れなければいつまでたっても買い替えはできません。

そんなときにも買い替え保証を利用することで、買い替えを可能にさせたり、買い替えのスケジューリングがしやすくなったりします。

買取保証をつけるデメリット

一方、買取保証にもデメリットがあります。

一番のデメリットは、買取金額が安いということです。不動産会社による買取保証額は、相場価格の7〜8割前後になることが一般的です。

不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめ

不動産売却(売却方法)不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

目安になりますが、一般の消費者に3,000万円で売れる家が、不動産会社による買取だと2,100万円前後になってしまうということですから、買取保証は安易に選択できる方法とはいえないでしょう。

また「どんな家でも買取保証をつけてくれるわけではない」ということも認識しておくべきです。

各不動産会社によって、買取保証の条件が設けられており、立地や築年数、広さによっては保証がつけられないこともあります。

そしてほとんどの不動産会社に共通する条件は、一般媒介契約ではなく専任媒介や専属専任媒介を締結すること、売り出し価格の範囲が予め決まっていることです。

媒介契約とは?どの媒介契約が一番多いの?なぜ、その不動産会社に依頼したの?

不動産売却(売却方法)媒介契約とは?どの媒介契約が一番多いの?なぜ、その不動産会社に依頼したの?

詳細な条件や買取保証額は不動産会社によって異なりますので、売却を依頼する前の確認が必要です。

買取保証制度がある不動産会社を選ぶケース

買取保証制度は、どの不動産会社にもあるわけではありません。

次のようなケースでは、買取保証制度がある不動産会社を選ぶと安心につながります。

  • 今住んでいる家が売却できなければ新居を購入できない
  • 新居を先に購入して、売却の期日が決まっている
  • 買い替えに時間をかけたくない

大事なのは買取保証をつけても仲介での売却を諦めないこと

「売れない」ことが防げる買取保証は、買い替えのときの大きな安心材料になります。

ただし、一番ベストなのは、買取保証が使われないことです。つまり、決められた期日までに、一般の消費者に売却することを目指すべきです。

買取保証をつけて買取になると、売却金額が安くなってしまうのが難点だといえます。とくに買い替えの場合は、住んでいる家の売却金額次第で新居の予算が確定するというケースが多いでしょう。

売れないのも困りますが、買取保証をつけるとしても、高額で売却するチャンスを損なわないよう不動産会社の比較は徹底するべきです。

奥様

買取保証があれば安心!

ではなく、査定額や売却力を事前に確かめた上で不動産会社を選ぶべきです。

買取保証サービスがある不動産会社を探している人や、買取保証について詳しく知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。