不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

マンションから戸建てに買い替え(住み替え)するときのポイント

不動産売却(買い替え)

奥様
マンションから戸建て(一軒家)に買い替えたい!

結婚や子供の成長をきっかけに、マンションから戸建てに買い替えを希望する方は少なくありません。

こちらでは、マンションから戸建てに買い替え(住み替え)するときの方法や注意点を説明します。

1.マンションから戸建てに買い替えるメリット

マンションから戸建てに買い替えるメリットは、次の2つが考えられます。

①管理費などがかからない

マンションは、管理費や修繕積立金、駐車場代、自転車置き場などの費用が毎月かかります。住宅ローンの支払いを終えても、これらの費用の支払いはマンションを所有している限り続きます。また、管理費や修繕積立金は、築年数の経過とともに費用が高くなることもあります。

戸建ては、これらの費用が徴収されることはありません。

②「土地」という資産が手に入る

マンションは、時間とともに資産価値が目減りしていくのが一般的です。

木造の戸建ては、コンクリート造のマンションと比べて建物の資産価値の低下速度は速いですが、「土地」という資産が手に入ります。土地は経年劣化するものではないので、減価しにくい資産です。

また、土地があれば建物を立て直したり、更地にして駐車場として貸し出したりすることができるので、活用がしやすい資産ともいえます。

2.戸建てに買い替え(住み替え)するときの注意点

マンションから戸建てに買い替えするにあたっての注意点は次の3つです。

①自分でメンテナンス費用を積み立てる

戸建ては、管理費や修繕積立金が徴収されることはありません。

しかし、それは戸建てに管理や修繕が不要という訳ではありません。屋根や外壁の塗り直しや傷んだ部分の補修など費用がかかります。

むしろ、管理組合のように日々の管理と修繕の計画・手配をしてくれる人はいないのですから、自分でメンテナンス費用を積み立て、実施していく必要があります。

②光熱費が高くなる

お家の面積(平米数)が広く、断熱効果もマンションに比べて低い戸建ては、電気代が高くなる傾向があります。

浴室もマンションに比べて大きいことも多いので、水道・ガス代が高くなることも考えられます。

③セキュリティ対策

戸建てのセキュリティ面は、マンションに比べて低い傾向にあります。

個人でセキュリティシステムを導入したとしても、オートロックや上層階の部屋と比較してしまうと、どうしても劣ってしまいます。

3.マンションから戸建てへの買い替え(住み替え)方法

ここからは、マンションから戸建て買い替える方法を説明します。

①住宅ローンが残っている場合

マンションの住宅ローンが残っている場合は、売ってから買う「売り先行」が基本的な買い替え方法です。

売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

不動産売却(買い替え)売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

ただし、売りを先行させると、新居の引き渡しまでに住むところがなくなってしまうため、賃貸住宅などに一旦仮住まいしなければならない期間が生じます。

家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)するときの費用

不動産売却(買い替え)家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)するときの費用

買ってから売る「買い先行」でも、買い替えができないことはありません。

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

買い先行にすると、新居も住宅ローンを使って購入する場合、マンションと戸建ての住宅ローンが重複する期間が生じます。この状態を「ダブルローン」といいます。

家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

不動産売却(買い替え)家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

売り先行でも、買い先行でも、売却と購入の残代金決済・物件引き渡しの日を同日にすることができれば、仮住まい期間もダブルローンも必要もありません。

引き渡しの日が同日だと直接旧居から新居に引っ越すことができ、住宅ローンを完済する日と戸建ての住宅ローンを組む日が同日だと、住宅ローンが重複する期間がないからです。

②住宅ローン残債がない場合

マンションの住宅ローン残債がない場合は、「買い先行」でマンションに住みながらゆっくり新居探しをすることができます

仮住まいやダブルローンも不要ですので、逆に「売り先行」にするメリットはないといえるでしょう。

③建売住宅への買い替え

完成済みの新築建売住宅へ買い替える場合は、「買い先行」にするのが一般的です。

「売り先行」だと、売却期間中に意中の建売住宅が売れてしまうこともあるからです。完成済みの建売住宅は即日引き渡しのケースが多いので、「同日決済」にすることは難しいです。

一方、建築中の建売住宅の場合は入居までに時間がありますので、「買い先行」にしても入居までにマンションを売却し、決済日を同日に合わせることも目指せます。

④注文住宅への買い替え

注文住宅は建売住宅と違って、打ち合わせの進行状況によって入居時期が決まります。そして、そもそも、家を建てる土地がなければ打ち合わせすることはできません。

マンションの住宅ローン残債がない場合には、土地の購入を先行させ、完成した戸建てに入居してからゆっくりマンションを売ればいいでしょう。

しかし、マンションの住宅ローン残債があって、注文住宅も住宅ローンで購入する場合は、「買い先行」にするとダブルローン状態が長引く可能性があることを考えなければなりません。先にマンションを売ってしまって、仮住まいに移ってゆっくり土地の購入や新居の打ち合わせをするのも選択肢の1つです。

買い替えで最初に知るべきことは、「いくらで売れるか」です

「売れなかったら買えない」人にとっては、特にいくらで売れるのか切実な問題でしょう。また、買い先行の人でも、まず、いくらぐらいで売れるのか知ることで購入物件の予算も変わってきます。

自分のお家がいくらなのか知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの状況をお伺いし、買い替えをどのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。