不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

同じマンション内で買い替え(住み替え)するときの流れと注意点

不動産売却(買い替え)

奥様
同じマンション内で買い替えをしたい

同じマンション内で買い替え(住み替え)を希望するケースは多くあります。

こちらでは、同じマンション内で買い替えするときの流れと注意点を説明します。

同じマンションの別の部屋に買い替える人も多い

まずは、どのような理由で同じマンションの別の部屋に買い替える人が多いのか見ていきましょう。

  • 今のマンションが気に入っている
  • 子供が増えたり、大きくなり、手狭になってきた
  • 子供が巣立って行き、コンパクトな部屋に引っ越したい
ご主人様
同じマンション内で買い替えるなんておかしいかな?

と思うかもしれませんが、よくあるケースでもあり、立地などがわかっている上での買い替えとなりますから、一般的な買い替えより「失敗」が少ない傾向があります。

同じマンションで買い替えするときの流れ

買い替えをするときの流れは、同じマンション内での買い替えでも、別のマンションへの買い替えでも基本は同じです。

買い替えの方法には、今住んでいる家の売却を先行させる「売り先行」と、新居の購入を先行させる「買い先行」の2つのパターンがあります。

売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

不動産売却(買い替え)売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

ただし同じマンション内で買い替える場合の多くは、「買い先行」になるケースが多いでしょう。

①同じマンション内で希望の部屋が出たら買い替えがスタートする

同じマンション内での買い替えは、「希望の間取り」が売りに出ないことには始まりません。つまり、購入本位の買い替えになるということです。

そのため希望の間取りの部屋の購入を先行させ、そのあとに売却する「買い先行」が一般的な流れとなるでしょう。

②買い先行の場合はダブルローンになる可能性も

今住んでいる部屋の売却の前に希望の間取りの部屋を購入するとなると、旧居のローンと新居のローンが重複する期間が生じる可能性があります。この状態を「ダブルローン」といいます。

家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

不動産売却(買い替え)家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

ダブルローンは、今住んでいる部屋が売れるまで継続します。

③買い先行の中でも売り買い同時決済を目指すべき

同じマンション内で買い替える場合には、どうしても「買い先行」になってしまいがちで、ダブルローンの負担が大きくなる傾向があります。

しかし、買いを先行させたとしても、新居の引渡しまでに今住んでいる部屋を売却し、新居と旧居の引渡し・残代金決済日(売買代金全額を支払う日)を同日にすることができれば、ダブルローンの状態にはならずにすみます。

④業者買取や買取保証も検討する

同日決済を目指すべきとはいえ、それは容易ではありません。「この日までに売りたい」といっても、買い手が現れるかは誰にもわからないからです。

奥様
期日までに今住んでいる部屋が売れなかった
ご主人様
ダブルローン状態にはしたくない

というのであれば、業者買取や買取保証を検討します。

不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

家の買い替え・住み替えで買取保証(売却保証)をつけるメリット・デメリット

不動産売却(買い替え)家の買い替え・住み替えで買取保証(売却保証)をつけるメリット・デメリット

どちらも買主が不動産業者になるので、「すぐに売りたい」「この日までに売りたい」というときに適している売却方法です。ただし、売却金額が相場の7割前後になってしまうというデメリットがあります。

同じマンションに買い替えるときの注意点

同じマンション内での買い替えるとなると、立地や住環境がわかっている分、心配は少ないでしょう。しかし、次の4つの点には注意するべきです。

①対応がきちんとしている不動産会社を選ぶ

同じマンション内での買い替えの場合、住んでいた部屋の買主となる方と同じマンションに住むということになります。そのため、売買や引渡し後のトラブルはとくに避けるべきです。

トラブル回避には、不動産会社の役割が重要になってきます。不動産会社は、「買主と売主の円満な取引」を仲介することが仕事です。

同じマンション内での買い替えは、引渡し後も買主、売主の相談窓口となってくれる、対応がしっかりとした不動産会社を選ぶことが大切です。

②共用部はいったん返還することになる

同じマンション内で買い替えするときには、「共用部」の権利についても注意が必要です。共用部分とは、駐車場や駐輪場、バイク置き場、トランクルームなどのような箇所です。

参考 共用部分とはイクラちゃんねる

住んでいた部屋を売却した時点で、共用部の権利はなくなることがほとんどです(管理組合によっては認められる場合もあります)。売却するときには共用部を使用する権利が一旦マンションの管理組合に返還されるので、たとえ同じマンション内で買い替えてもその権利は引き継げません。

③ランニングコストは部屋ごとに違う

ランニングコストとは、マンションの管理費や修繕積立金、また固定資産税などです。これらの費用は、部屋の広さや部屋の場所(階数や角部屋など)によってその額が変わります。

マンションを買い替えるときには、ランニングコストが上がる可能性があることを認識しておきましょう。

④購入する部屋の住環境に注意

最後の注意点は、同じマンションだからといって住環境が全く同じとは限らないという点です。たとえば、陽当たりや騒音は、部屋によって大きく異なることもあります。

同じマンション内の買い替えでも、別の住まいを買うときと同様に、内見時にはしっかり住環境についてチェックするべきです。

同じマンションの買い替えを検討している方で、自分のマンションで一番売買件数の多い不動産会社を紹介して欲しいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。