不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

戸建てからマンションに買い替え(住み替え)するときのポイント

不動産売却(買い替え)

奥様
一軒家からマンションに買い替えたい…

戸建てからマンションに買い替える理由で多いのは、「退職によるライフスタイルの変化」や「子供の独立」などです。

こちらでは、戸建てからマンションに買い替えるときの注意点やポイントについて説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

1.戸建てからマンションに買い替えるメリット

戸建てからマンションに買い替えるメリットは、次の4つが考えられます。

  1. 立地条件が良い
  2. 高齢者や小さいお子さんが生活しやすい
  3. セキュリティ面で安心
  4. 管理や設備が充実している

1つずつ詳しく見ていきましょう。

①立地条件が良い

同等の価格なら、戸建てよりマンションの方が立地条件はよい傾向にあります。

これは、駅前などの地域が「商業地域」に定められているからです。商業地域は、オフィスビルや商業ビル、マンションなど多くの建物を建てることができる地域になります。もちろん、戸建ても建てることができますが、高い建物を建てることが許されている地域のため、戸建てがたちにくいにのです。

利便性の高い場所でも、戸建てに比べて安い価格で購入できるのがマンションのメリットです。

②高齢者や小さいお子さんが生活しやすい

マンションは基本的にワンフロアでバリアフリーのため、高齢者や子育て世帯が生活しやすいです。

ただし、築年数が古い場合は、洗面所やトイレなどの水回りに段差があるため注意が必要です。

③セキュリティ面で安心

マンションはオートロック機能や防犯カメラの設置、管理人がいることにより、セキュリティも万全です。

戸建てだと、自分でセキュリティシステムや防犯カメラなどを導入しなければなりません。

④管理や設備が充実している

マンションは管理組合や管理会社が管理をおこなっているため、各業者の手配や共用部の清掃の手間がありません。

また、戸建てと比較して気密性・耐熱性・防音性が高く、木造の戸建てで心配なシロアリ被害もありません。

次のような多くのマンションで取り入れられている設備やシステムも、生活の利便性を高めるものです。

  • 24時間ゴミ出し可
  • エレベーター
  • ディスポーザー(生ごみ処理機)
  • 浴室乾燥暖房機
  • 宅配ボックス

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

2.マンションに買い替え(住み替え)するときの注意点

一方、戸建てからマンションに買い替えるときのデメリットとして、「維持費用」と「騒音」に気を付けなければなりません。

維持費用:管理費・修繕積立金・駐車場代がかかる

一戸建てと違い、マンションでは毎月様々な費用を支払うことになります。

管理費
マンションには、「管理組合」というマンション住民の自治組織があります。管理組合は住民から集めた管理費を使い、マンション管理会社に日常的な業務を委託します。
修繕積立金
修繕積立金は、建物の資産価値を維持するため約10〜15年周期でおこなわれる「大規模修繕工事」に主に使われます。
駐車場使用料や駐輪場使用料
マンションでは、駐車場や駐輪場の使用料も必要です。都市部では機械式駐車場となっていることも多く、駐車する位置によっても使用料が変わります。

騒音に気を配る

壁一枚で上下左右の隣家と接しているマンションでは、戸建て以上に騒音に気を配らなければなりません。

ただ、音が気になるかどうかは、結局は個人の感覚によるものです。お子さんがいるなど不安があれば、購入前に管理組合に騒音のクレームの有無などを確認しておきましょう。

3.マンションへの買い替え方法

買い替えの方法には、新居の購入を先行させる「買い先行」と、今のお住まいを先に売却する「売り先行」があります。

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

不動産売却(買い替え)売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

どちらを選択するかは、ご自身の状況やどんなマンションを買うのかによって判断します

今の戸建てを売らないとマンションが買えない場合は「売り先行」

住宅ローンが残っていたり、売却費用を購入資金に充てたりするときは、戸建ての売却を先行し、売りながらマンションを探すのが基本です。

先に住んでいる戸建てを売るとなると、マンションの引き渡しまでに住む場所がなくなってしまう可能性があります。その場合には、一旦賃貸住宅に仮住まいをする必要性が出てきます。

家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)するときの費用

不動産売却(買い替え)家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)するときの費用

人気の中古マンションへの買い替えは「買い先行」になりがち

特定の中古マンションや人気の高いマンションに買い替える場合は、物件が売りに出次第購入しなければなりません。そのため、「買い先行」の買い替えになるケースが多いといえます。

マンションの購入を先行しなければならない状況において、戸建ての住宅ローンが残っている場合には、住宅ローンが重複する期間(ダブルローン)が生じる可能性があります。

家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

不動産売却(買い替え)家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

新築マンションへの買い替えは入居時期から逆算して家の売却を始める

新築マンションは、分譲時期や入居時期が決まっています。

そのため先にマンションの購入契約を済ませて、入居までに今のお住まいを売却して引渡しまで終えるスケジュールを組むのが一般的です。

売り買い同時決済なら仮住まいもダブルローンも不要

売り先行、買い先行、いずれの場合でも、売却と購入の残代金決済日を同日に合わせることができれば、仮住まいやダブルローンの必要はありません。

ただし、売主や買主、金融機関との調整や、速やかに購入・売却ができる段取りを組む必要があるので、不動産会社の協力が不可欠となります。同日決済を望む場合、不動産会社選びにはより慎重になるべきです。

買い替えで最初に知るべきことは、「いくらで売れるか」です

「売れなかったら買えない」人にとっては、特にいくらで売れるのか切実な問題でしょう。また、買い先行の人でも、まず、いくらぐらいで売れるのか知ることで購入物件の予算も変わってきます。

自分のお家がいくらなのか知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの状況をお伺いし、買い替えをどのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。