不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

不動産の共有持分を買取業者(不動産会社)に売却する際の注意点

不動産売却(金銭的理由)

奥様

家や土地の共有持分だけを売却する方法があるって聞いたけれど、本当なの…?

ご主人様

そもそも共有持分ってなに…?

奥様

共有持分だけを共有持分買取業者に売却するとき、注意点はあるの?

ご主人様

共有持分を買い取ってもらうメリットとデメリットを知りたい

借金で苦しんでいる方が家や土地を所有しているなら、不動産を売却することで借金を支払える可能性があります。

しかし、共有不動産の場合、他の共有持分権者の同意がなければ不動産全体を売ることはできません

そのようなとき「共有持分買取業者」に売却すれば、共有持分を現金化できます。

こちらでは、不動産の共有持分を共有持分買取業者に売却するメリットやデメリット、注意点について説明します。

1.共有持分とは

不動産(マンション・戸建・土地)を所有する場合、所有権はひとりで持つ単有と、複数で持つ共有があります。

共有者が持つ権利の割合を持分といい、共有持分(きょうゆうもちぶん)とは、その不動産の名義を誰が、どのくらいの割合を所有しているかを示します。

不動産は、必ずしも1人ではなく複数人で共有しているケースも多々あります。たとえば、親が亡くなって遺産相続が起こったとき、遺産分けをしないと実家は兄弟の共有となります。

このような場合、共有者である兄弟にはそれぞれの「持分」が認められ、持分の合計は1となります。たとえば、3人兄弟が実家を相続した場合、3人の兄弟の実家に対する持分はそれぞれ3分の1ずつとなります。

共有持分を持っている場合、不動産を使用することができますが、1人だけでは不動産の活用や処分(売却や抵当権設定など)を決めることができません

長期の賃貸に出したり、増改築を行ったり、売却したりするには、他の共有持分権者(もちぶんけんしゃ:持分を持っている人)の承諾が必要となります。

参考 共有持分とはイクラちゃんねる

2.共有持分のみを売却できる

不動産の共有持分だけを持っていても、基本的に不動産を売却できず、現金を得ることは不可能です。

ただし、自分の共有持分のみを売却することは可能です。自分の持分に対しては完全な権利があり、他の共有者の同意は不要です。

共有持分を売却したら現金が入ってくるので、そのお金で借金を返済することも可能です。

3.共有持分の買主を探すのは困難

そうなると次に問題になるのが買主探しです。

共有持分を売却するには、持分だけを買い取ってくれる人を探さなければなりませんが、普通に考えれば、共有持分を手にしても不動産の活用や処分が難しくメリットがありません。共有持分のみを買取ることに価値を見いだせず、なかなか買主を見つけにくいのが現実です。

一般の個人はもちろんのこと、不動産会社でも共有持分の買取は行っていないケースが普通です。

4.共有持分買取業者とは

ここで登場するのが「共有持分買取業者」で、不動産の共有持分を専門的に買い取ってくれる不動産会社のことです。

共有持分買取業者なら基本的にどのような不動産の共有持分でも買い取ってくれます

共有持分買取業者に持分を売却するときには、まず不動産の査定をしてもらい、買取金額を提示してもらいます。その金額に売主が納得したら契約を締結して決済を行い、共有持分の名義を書き換えて代金を払ってもらいます。

共有持分だけの売却なので他の共有持分権者の同意は不要ですし、持分の売却を報告する必要すらありません。

決済と同時に持分の売却代金が支払われるので、入ってきたお金で借金返済できます。

共有持分買取業者に持分を売却するメリット

共有持分買取業者に持分を売却するメリットには次の点があげられます。

面倒な共有関係から離脱できる

不動産を共有していると自分一人では処分も活用もできず不便ですし、他の共有持分権者とトラブルになる例もあります。持分を売却すると、そのような面倒な共有関係とサヨナラできます。

他の共有持分権者の同意が不要

不動産全体の売却をしたい場合、他の共有持分権者による同意が必要ですが、持分のみの売却であれば同意は不要なので簡単です。

現金が入ってくる

共有持分も立派な不動産なので、売却すればまとまった現金が入ってきます。お金の使途は自由なので、たとえば相続した実家の共有持分を売却したお金で借金を返すことなども可能です。

解決がスピーディー

共有持分買取業者に共有持分を売却する場合、査定後すぐに契約を締結して決済まで済ませられるので、解決が非常にスピーディーです。数日で現金化できることもあります。

共有持分買取業者に不動産持分を売却するデメリット

共有持分買取業者に持分を売却するデメリットは次の点です。

買取価格が安くなる

共有持分はかなり制限された権利です。持分だけでは、不動産全体を効果的に活用できませんし、売却処分なども不可能です。

そこで、共有持分買取業者に売るときの価格は、不動産全体を売ったときの相場よりも減額されるのが普通です。かなり安くなるケースもあります。

5.共有持分を売却するときの注意点

共有持分を売却するとき、他の共有持分を持っている人の同意は必要ありません。

ただし、他の持分権者が親戚付き合いのある人などの場合、黙って売却すると後でトラブルになる例も見られます。

ご主人様

先に話してくれていたら、もっと高い価格で自分が買い取ったのに…

奥様

一緒に不動産全体を売れば良かった

と言われる可能性もあります。

法律上、他の人の同意が不要だとしても、実際には他の持分権者との関係にも配慮すべきです。

売却後も付き合いが続くのであれば、必要に応じて相談しながら持分の売却を進めると良いでしょう。

まとめ

共有持分を買取業者に売却するデメリットは安くなることでした。

共有持分を現金化したい場合は、一度、他の共有持分を持っている人に不動産を売却する意志がないかを確認すべきです。

全員が同意して売却し、その売却代金を持分の割合で分けた方が、共有持分だけを売却するより多くのお金を手にすることができるからです。

ただ、全員が売却に同意してくれず、かつ他の共有者が買い取ってくれない場合は、共有持分買取業者に売却する以外、現金化する方法はありません

共有持分買取業者を紹介して欲しいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。また、あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかより良いアドバイスをもらうことができます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。