不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

家を売るときに不動産会社の口コミを見ても参考にならないって知ってた!?

売却ガイドブック(売却基礎知識)

家を売るには、不動産会社に相談しなければなりません。

ところが、「不動産会社ってなんだかこわい」というイメージを持たれている方も少なくありません。

そもそも、普段の生活において不動産会社に行くことなんてめったにないことです。そのため、「不動産屋さんってどんな人なのかな?」「どんな会社なのかな?」と不安になるのも当然のことです。

まだ、売るかどうか決まってもいないのに、売ることをゴリ押しされたり、相談すると「その会社に売却の依頼を決めなけばならないのではないか」という不安から『取りあえず』や『お気軽に』相談しづらいものです。

そこで、インターネットを利用して事前に情報収集する人が多くなってきています。事前に情報収集することは不動産売却をする上で非常に重要です。

家の売却方法はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

情報収集の一つとして、口コミ(くちこみ)を調べるという方法があります。

不動産会社の口コミ

結論からいうと、不動産会社の口コミを見ても参考になりません

ここでは、マンションや戸建て、土地など不動産を売却する上で、不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由について説明します。

不動産会社の口コミを見ても参考にならない理由

口コミとは、不特定の消費者がモノを購入(サービスを利用)したときに「他の何かと比較して)どのようなところが良いのか悪いのかの感想」をインターネット上に書き込んだものになります。

グルメサイト「食べログ」はその代表例でしょう。めちゃくちゃ便利ですよね。食べログで事前に調べることで、めちゃくちゃマズイお店に行くということはほとんどなくなったのではないでしょうか。

一方、家の売却を考えていて、不動産会社の口コミを見て参考にしようとする場合、次のような問題点があります。

不動産会社の口コミを調べる

1.口コミの数が少なすぎる

1人の人が不動産を売却することって、一生のうちに何回あるでしょうか。商品のレビューや飲食店の口コミと比べると、不動産売却自体の頻度が少なすぎるため、当然、口コミの数もその分少なくなります。100人中過半数の人が良いと言っているなら、ある程度その商品やサービス、会社は信用できるでしょう。しかし、数人、下手したら1人の口コミしかない場合、参考になるでしょうか。

利用頻度が少ない不動産取引の中でもさらに「賃貸>不動産購入>不動産売却」の順に回数は少なくなり、売却する方は比較的年齢層が高いため、ネットを利用されている割合も少なくなります。


2.比較対象がない

例えば、あなたが不動産会社Aに依頼してお家を売却できたとします。この場合、不動産会社Aのサービスがどうだったのかについて書き込むことはできるでしょう。でも不動産会社Aが、他の不動産会社Bや不動産会社Cに比べて良かったのか悪かったのかについてはわかりません。つまり、サービスの比較ができないのです。満足だったのか否かだけです。

もちろん、複数回の取引がある人の書き込みは参考になるでしょうが、複数回取引ある方の割合はさらに低いため、書き込みもさらに少なくなります。


3.「良かった」ばかりのレビュー

不動産会社の口コミをみてみましょう。だいたい星が4〜5つで「良かった」という声が多いです。

でもそれは当たり前のことです。不動産売却を依頼して、不動産が売れたのであれば、目的を果たせて満足なのではないのでしょうか。それは不動産の売却に関わらず、購入でも賃貸でも同じです。

例えば、飲食店の場合は、食べてみて美味しくなかったとしても、お金を支払う必要があります。そりゃあ不満の一つでも書きたくなるのもわかります。一方、不動産仲介は、売却も購入も賃貸も「成功報酬」です。サービスの目的に対して、それが叶ったから対価を支払っているのです。そうなると、口コミで「良かった」以外に書くことなんてありません。良くないのであればその担当者、不動産会社に依頼していないでしょう。


4.「悪かった」ばかりのレビュー

逆の場合もあります。その不動産会社の批判ばかり書かれているケースもあります。この場合はある程度、参考にできる部分もあるかもしれません。

しかし、実は、ライバルの不動産会社同士がお互いを蹴落とすために、書き込んでいるケースは多く見られます(実際にそのような話を多く聞いています)。全て鵜呑みにするのは危険でしょう。


5.商品が異なる

不動産はその性質上、世界に同じものは一つとしてありません。売れる金額も経済状況など、時期によっても異なります。例えば、「不動産会社Aに頼んで予想の1,000万円以上で売れました」なんて書き込みがあっても全く参考になりません。そもそも、その予想自体が低すぎた可能性もあります。

同じ商品でかつ不特定多数の利用者の声は信用できると思いますが、そもそも商品自体ひとつひとつが異なっている不動産って信用できるでしょうか。


6.書き込んだ本人がバレる可能性がある

不動産は同じものがないため、不動産について具体的に書けば書くほど、誰が書き込んだのかわかっていまいます。加えて、不動産会社1店舗あたりの年間売却件数ってそれほど多くありません。月単位に絞るとさらに少なくなります。そのため、投稿月や内容によって、書き込んだ本人が不動産会社にすぐにバレてしまいます。

もし、本当に不満があったとしても、インターネットに書き込むことに躊躇している方は多いのです。


7.本当の口コミかどうかわからない

上記1〜6の理由から、どうしても口コミ数が少なくなるため、明らかにサイトを運営している会社や不動産会社自身が書き込んだと見られる口コミが多く見受けられます。いわゆるサクラってことです。もしかしたら、不動産会社がお金を支払って評価を上げている可能性もゼロではありません。


これが、家の売却を考えていて不動産会社の口コミを見ても参考にならないといえる理由です。

ちなみに不動産会社ではなく、マンション自体の口コミサイトであれば「マンションノート」はある程度信頼できそうです。

マンションノート

マンションの口コミを見るためには、自分も住んでいたところの口コミを書き込まなければならないところが、この口コミサイトの良いところです。あと、不動産会社の書き込みについても様々な制限をかけています。(個人名で書き込まれるとわかりません)

筆者も利用してみましたが、これはそのマンションの住人でなければわからないということがいくつも書かれています。

まとめ

口コミが参考にならないのであれば、何を参考にすればよいのでしょうか。

論より証拠

こちらは、不動産業界にいると必ず一度は聞く『論より証拠』です。不動産屋さんが好きな言葉でもあります。

論より証拠とは、ものごとの良し悪しをはっきりさせるには、いくら上手に説明しても意味はなく、 証拠となるものを目の前に示したほうが、明らかにはっきりするという意味です。

あなたがお家を売却するとき、参考にするのは口コミよりも実績です。実際にその地域において売却実績の多い不動産会社を候補に入れるべきです。その上で、何社か実際に会って比較し、「その不動産会社の営業マンに信頼おけるか」どうかをご自身でチェックして選ぶべきでしょう。

売却実績の多い不動産会社を比較したい方は、スマホで気軽に無料で相談できる「スマホの不動産屋さん」があるので、よかったら利用してみて下さい。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。