不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

不動産売却(売却方法)

はじめてのお家の売却。

心配ですよね。きっと「どうしたらいいの?」と思うことでしょう。

初めての不動産売却

不動産売却なんて一生に一度あるかどうかで、何度も経験するものではありません。「はじめて」の経験に加えて、大きなお金が動く資産でもあるため、不安になるのは当然のことです。

大切なお家を売るときの手順や流れについてこちらでわかりやすく説明します。

お家を売る前に、最初に、売却の流れの全体像さえつかめば、1つずつクリアしていけば良いだけです。

不動産売却の手順と流れ

不動産売却の手順と流れは次の7つにわけることができます。

不動産売却の流れ

  1. 情報収集する
  2. 査定してもらう
  3. 媒介契約を結ぶ
  4. 購入希望者を探す
  5. 売買契約を結ぶ
  6. 物件引渡しの準備
  7. 残代金の受け取りと物件の引渡し

ひとつずつみてみましょう。

以上で不動産の売却は完了します。

まとめ

おおまかな不動産売却の流れについて理解できたでしょうか。

不動産は、媒介契約を結んで売却活動をスタートさせてから、3ヵ月の間に売却(不動産売買契約を結ぶこと)できれば早い方で、全てのお金を受け取るまでにかなり時間がかかります。

不動産売却の流れの中で、売却を成功させるために一番大事な部分は「① 情報収集する」です。

不動産を売却する方は、売却したあとにお家やお金をどうするのかなど、その後のプランがあるために売却を決断しています。お家を売る前に、しっかりと不動産売却について理解した上で売却活動に入らなければ、プランが狂い、あとになって後悔する方も多いのです。

自分の家がいくらなのか、そして良い不動産会社はどこなのか知りたい方は「スマホの不動産屋さん」で相談できます。不動産会社を選び、売却活動が始まれば、あとは事前の計画に沿って1つずつクリアしていけばよいでしょう。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。