不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

家の売却方法

はじめてのお家の売却。

心配ですよね。きっと「どうしたらいいの?」と思うことでしょう。

初めての不動産売却

不動産売却なんて一生に一度あるかどうかで、何度も経験するものではありません。「はじめて」の経験に加えて、大きなお金が動く資産でもあるため、不安になるのは当然のことです。

大切なお家を売るときの手順や流れについてこちらでわかりやすく説明します。

お家を売る前に、最初に、売却の流れの全体像さえつかめば、1つずつクリアしていけば良いだけです。

不動産売却の手順と流れ

不動産売却の手順と流れは次の7つにわけることができます。

不動産売却の流れ

  1. 情報収集する
  2. 査定してもらう
  3. 媒介契約を結ぶ
  4. 購入希望者を探す
  5. 売買契約を結ぶ
  6. 物件引渡しの準備
  7. 残代金の受け取りと物件の引渡し

ひとつずつみてみましょう。

  • 手順1
    情報収集する

    売却価格や依頼する不動産会社の「情報収集」です。

    不動産売却の口コミ

    直接不動産会社に行ったり、電話してあれこれ聞くという方法もありますが、いきなりというのは、抵抗がある方も多いでしょう。インターネットなどで最初に、不動産がいくらぐらいで売れるのか相場価格を調べたり、不動産会社を調べたりします。

    売却ガイドブック(売却基礎知識)家の売却を依頼できる不動産会社を見つける方法(マンション・戸建て・土地編)
  • 手順2
    査定してもらう

    あなたのお家を不動産会社に査定してもらいます。

    机上査定と訪問査定

    あなたが売却後に考えているプランを実現するためにも、売却してお金を受け取るまでの日数(売却期間)や手取りの金額などを相談しなければなりませんよね。

    不動産会社に調査・査定をしてもらい、売出価格や売却方法の提案、売却にかかる諸費用や税金などの説明を受けます。このときに依頼する不動産会社を選別していきます。

    査定には、机上査定と訪問査定がありますが、最後は訪問査定をしてもらうことになります(現在、賃貸中の投資用不動産は直接訪問しての査定ができないので、除きます。)。

    机上査定は意味がないので、訪問査定をおすすめします

    家の売却方法机上査定とは?机上査定してもらっても意味がない理由について 家の売却方法訪問査定とは?売却をお任せすべき不動産会社か簡単に見極める方法
  • 手順3
    媒介契約を結ぶ

    不動産会社に正式に売却活動を依頼します。

    媒介契約締結

    媒介契約(ばいかいけいやく)とは、不動産会社に売却活動を依頼するときに正式に結ぶ契約です。あらかじめ契約書内に次の内容を決めておきます。

    • 売却活動期間(一般的には3ヶ月間です。)
    • 売却価格(売り出しの価格です。)
    • 仲介手数料(不動産の売却が決まってから支払う成約報酬です。売却できなければ支払う必要はありません。)

    媒介契約には、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3種類があり、あなたにお家や条件にあった媒介契約を選んで結びます。媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動のスタートです。

    家の売却方法媒介契約とは?どの媒介契約が一番多いの?なぜ、その不動産会社に依頼したの?
  • 手順4
    購入希望者を探す

    探すといっても、実際探すのは不動産会社です。

    不動産集客方法

    不動産会社が様々な方法で、購入希望者を募ります。

    あとで後悔しないためにも、不動産会社に依頼する前に、どのような方法で集客しているのかを知っておくことが重要です

    家の売却方法家を売るとき、不動産会社はどうやって買いたい人を集客しているの?
  • 手順5
    売買契約を結ぶ

    「あなたのお家を買いたい」という購入希望者が見つかれば、価格などの条件を交渉して、まとまれば不動産売買契約を結びます。

    不動産売買契約

    不動産売買契約を結んだあとに、売主であるあなたはお家を引渡す準備(引越しやローンの返済手続き・抹消登記など)を、買主は物件を引受ける準備(正式な住宅ローンの契約など)を行います。そのため、不動産売買契約と同じタイミングで不動産を引渡せるわけではありません。

    また、不動産売買契約の際に、全てのお金(売買代金)を受け取れるわけではないことに注意が必要です。売買代金の一部である「手付金(てつけきん)」を受け取ります。

    売却ガイドブック(売却基礎知識)不動産売買契約の時に全てのお金がもらえるわけではないって知ってた?
  • 手順6
    物件引渡しの準備

    すでに空き家の場合は、引越しする必要はありません。

    不動産引渡しの準備

    住みながら売却する場合は、物件の引渡しの日(残代金決済日)の前日までに引越しや公共料金の清算を済ませ、買主に物件を引渡しする準備をします。また、登記の抹消や移転など必要がある場合、司法書士の先生の指示に従って書類を集めます。

    売却ガイドブック(売却基礎知識)家を売るときいつまでに引越しすればよいの?(マンション・戸建て編)
  • 手順7
    残代金の受け取りと物件の引渡し

    売買金額から、不動産売買契約の際に受け取った手付金を差し引いた残代金を受け取ります。

    残代金決済

    買主から残代金を受け取った同じ日に、あなたのお家はあなたから買主のお家となり(所有権移転)、鍵と物件を引渡します。

    売却ガイドブック(売却基礎知識)残代金決済日・物件の引渡し当日はどんなことをするの?

以上で不動産の売却は完了します。

まとめ

おおまかな不動産売却の流れについて理解できたでしょうか。

不動産は、媒介契約を結んで売却活動をスタートさせてから、3ヵ月の間に売却(不動産売買契約を結ぶこと)できれば早い方で、全てのお金を受け取るまでにかなり時間がかかります。

不動産売却の流れの中で、売却を成功させるために一番大事な部分は「① 情報収集する」です。

不動産を売却する方は、売却したあとにお家やお金をどうするのかなど、その後のプランがあるために売却を決断しています。お家を売る前に、しっかりと不動産売却について理解した上で売却活動に入らなければ、プランが狂い、あとになって後悔する方も多いのです。

自分の家がいくらなのか、そして良い不動産会社はどこなのか知りたい方は「スマホの不動産屋さん」で相談できます。不動産会社を選び、売却活動が始まれば、あとは事前の計画に沿って1つずつクリアしていけばよいでしょう。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。