不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

子供なしの夫婦が離婚する際の家の処分方法についてまとめた

離婚が原因での不動産売却方法

離婚するとき、子どもがいるのといないのとでは、まったく状況が異なります。

それは、お家の処分方法も同じで対処方法も変わります。

こちらでは、子供なしの夫婦が離婚する場合の家の処分方法や注意点について、わかりやすく説明します。

子供なしの夫婦は家を「売却」するのがおすすめな理由

夫婦2人であっても、婚姻中に自分たちのお家を購入したら、離婚時に家を「財産分与」しなければなりません。

MEMO

財産分与(ざいさんぶんよ)

財産分与とは、夫婦が結婚中に協力して築いた財産を、離婚時に夫婦それぞれ分け合うことをいいます。不動産は、財産分与の対象に含まれます

家を財産分与するときには、おもに次の3種類の方法があります。

  1. 引き続いて夫が家に住む
  2. 引き続いて妻が家に住む
  3. 家を売却して分ける
子供がいない夫婦の場合には、上記のうち③の「家を売却して分ける」方法がおすすめです。その理由は次の通りです。

1.子供のために今の環境を維持する必要がない

もしも子供がいたとしたら、離婚が原因で子供の環境を大きく変えてしまうのは悪影響でしょう。

慣れ親しんだお家から出るのが子供にとってストレスとなるケースもありますし、引っ越しすると学校も変わってしまう可能性があります。

このようなことから親権者になる人は「できれば家をもらいたい」と考えるケースも多々あります。

離婚が原因での不動産売却方法離婚時、慰謝料代わりに家をもらうことはできる?税金はかかるのか?

これに対し、子供なしの場合にはこういったしがらみがないので、今のお家に固執する必要がありません。気軽に売却して手放すことが可能です。

2.家族のために購入した家が広すぎる

夫婦で家を購入する場合、少なくとも夫婦2人で住める広さの家を選んでいるはずです。

また、多くの場合、将来子供が生まれたときに備えてより広めの家を購入しているでしょう。

そうなると、離婚後1人で住むには広すぎます。そこで、夫婦のどちらのニーズにも合わず、売却した方がよいということになります。

3.気持ちを切り替えて次に進める

離婚すると、人生に失敗したような気持ちになって、落ち込んでしまうこともあります。

しかし、今の時代、離婚は約3人に1人と珍しいことではなく、大げさに捉える必要もないので、前向きに考えてこれからの人生を過ごしていきたいところです。

そのまま家に住んでいると、いつまでも以前の思い出にとらわれて前向きな気持ちになりにくいことがありますが、お家を売却して居場所を移すことで、心機一転して新しい環境でやり直す気持ちになれます。

4.売却すれば公平に財産分与できる

家などの不動産は、公平に財産分与するのが意外に難しい資産です。

どちらかが取得すれば他方の取得分が減ってしまいますし、代償金を支払うとしても、不動産をいくらと評価するかで意見が合わず、もめてしまうケースが多々あります。

代償金(だいしょうきん)とは、例えば、妻が家を全部もらう代わりに、夫にお金で弁償することです。

家を売却すると、売却代金から経費を引いた金額をきっちり2分の1ずつにできるので、公平に財産分与することが可能です。そのため、夫婦どちらも不満は出にくくなります。

売却ガイドブック(売却基礎知識)家を売ったときの手取りの計算方法について(不動産売却編)

このように、子供がいない夫婦の場合、2人で購入した家に執着する必要性が低く、売却のメリットが大きくなるので、できれば夫婦で話合いをして売却してしまうのが良いでしょう。

まずはお家がいくらぐらいで売れるのか知る必要があります。

お家の売却価格がいくらぐらいなのか知りたいけど、まだ不動産会社に相談したくないという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、査定価格がいくらなのか、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

家を売却するときの注意点

子供なしの夫婦が家を売却するとき、注意すべき点があります。

重要なのは、売却後に家のローンを残さないようにすることです。

婚姻中に住宅ローンを組んで家を購入した場合、家を売却して、売却代金を住宅ローンの残債にあてても完済できないケースがあります。

この場合、売却後も残ったローンを返済しなければなりません。多額のローンが残ってしまったら、離婚後の生活の足かせになってしまいます。

そこで、なるべく家を高く売り、可能な範囲で残っている住宅ローンを支払ってしまうことが、あとぐされのない離婚にするためのコツとなります。

1.アンダーローンの場合

離婚時に家を売却する場合、アンダーローンとオーバーローンのケースに分けられます。

アンダーローンとは、家の価値(評価額)が住宅ローンの残債より高額なケースです。この場合、家を売却したら住宅ローンを完済できるので、家のローンは残りません。

アンダーローン

そして、諸経費を差し引いて手元に残ったお金を夫婦で分け合い、清算すれば家関連の手続きが完了します。

2.オーバーローンの場合

これに対し、「オーバーローン」のケースでは問題が発生します。オーバーローンとは、家の価値(評価額)が住宅ローンの残債よりも低いケースです。

オーバーローン

つまり、家を売って売却代金をローン支払いにあててもローンを完済できません。

この場合、銀行(金融機関)は売却することを許してくれません。

不動産売却(買替)お家を買い替えるとき残っている住宅ローンの残債はどうすればよいの?

売却後のローンの残債を少しでも多く減らすには、不動産を高額な価格で売却することが重要です。そのためには、事前に売却の強い複数の不動産会社に査定を依頼し、各社を比較し、良い営業マンのついてくれる不動産会社に媒介を依頼することなどがポイントとなってきます。

売却に強い不動産会社を知りたいという人は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。