不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

離婚後、夫名義の家(マンション・戸建て)に妻が住む方法は?

不動産売却(離婚)

奥様
離婚後も子どもと家に住み続けたい場合、どうしたらいいの?
ご主人様
住宅ローンが夫名義になっているけれど、離婚後に妻が家に住むことはできるの?

離婚するとき、「離婚後も妻が子どもと一緒に今まで通りこの家に住みたい」というケースはよくみられます。

今住んでいる家が夫名義になっているときや、夫が住宅ローンを組んでいる場合などに妻と子どもが家に住み続けるには、どのようにすればよいのでしょうか。

こちらでは、離婚後、夫名義の家に妻が住む方法についてわかりやすく説明します。

1.住宅ローンがない場合

夫名義の家に妻が住む方法は、住宅ローンがあるかないかで大きく異なります。

住宅ローンがない(残っていない)場合は、比較的簡単です。この場合、夫が妻に家を「財産分与(ざいさんぶんよ」すれば良いだけだからです。

財産分与とは、夫婦が離婚するときに、婚姻時(結婚していた期間)に形成した資産を分け合うことです。預貯金や株式、生命保険や不動産などの財産が対象になるので、家も財産分与対象に含まれます

基本的な法律の考え方によると、財産分与の割合は夫婦が2分の1ずつです。ただし、自分達で話し合って財産分与を行うときには、2分の1とは別の割合にしてもかまいません。たとえば、妻が全部や8割の財産もらうことも可能です。

住宅ローンがない場合で、離婚後も妻が家に住み続けたい場合、夫が妻に家を財産分与して、妻名義に変更すれば、家は妻のものとなって離婚後も住み続けることができます。

また、妻が夫に「代償金(だいしょうきん)」を支払うことによって公平に財産分与することも可能です。たとえば、3000万円の家を妻が財産分与で受けとるとき、妻が夫に現金で1500万円渡せば、双方とも取得分が1500万円分となって平等となります。

2.住宅ローンが残っている場合

夫名義の住宅ローンが残っている場合、離婚しても住宅ローンは夫名義のままです。

離婚時に住宅ローンがあるかないか

離婚後妻が住むこと自体は可能ですが、金融機関は夫に住宅ローンの支払いを請求しますし、夫が支払いを止めると家が競売(けいばい・きょうばい)にかけられてしまいます。

離婚で出た家が競売に!所有者、ローン名義人にはどのような責任が及ぶのか?

不動産売却(離婚)離婚で出た家が競売に!所有者、ローン名義人にはどのような責任が及ぶのか?

詳しい方法を見ていく前に、住宅ローン名義人と所有名義人の違いについて確認しておきましょう。

住宅ローン名義人とは、ローンを契約した当事者のことで債務者(さいむしゃ)とも言います。専業主婦の場合は、夫だけがローン名義人であったり、夫婦でローン名義人(連帯債務者)となっていたりします。

所有名義人とは、お家の登記簿に記載されている人のことです。その物件に住んでいることが住宅ローン名義人の条件ですので、所有名義人と同一の場合が大半です。

しかし、離婚によって所有名義人を変える場合もありますので、必ずしもイコールではありません。

では、夫名義の住宅ローンがあるときに妻が家に住み続ける方法をみていきましょう。

住宅ローンの借り換えをする

まず、住宅ローンの借り換えをすることにより、ローン債務者を夫から妻に変更する方法があります。

妻が新たに住宅ローンを借り入れて、そのローンによって夫名義のローンを完済し、その後は妻が家に住んでローンの返済を続ける方法です。

ただし借り換えるためには、妻が住宅ローンの審査に通る必要があるので、十分な収入が必要です。

妻が住宅ローン審査に通らない場合、妻の父や兄弟など住宅ローンを組める人に頼んだり、別の土地建物などを担保(たんぽ)に入れたりする方法で対応できる可能性があります。

夫が住宅ローンを払って妻が家に住む

住宅ローンの名義は夫のままで、妻が家に住み続けるケースもあります。

たとえば、夫が不倫して離婚に至ったケースなどでは、慰謝料の代わりに夫が完済まで住宅ローンを負担し続ける、という取り決めをすることが多々あります。

この場合、住宅ローンを完済したときには、家の所有名義を妻に移転する取り決め(離婚協議書や法的効力のある公正証書に必ず記しておく)をしておきます。

完済前に所有名義人を妻に変えてしまうと、債権者である金融機関からローンの全額一括返済を求められる場合があるからです。

しかし、取り決めをしていたとしても、返済途中で元夫が経済的に困窮し、住宅ローンの返済ができないと判断されると、財産分与で妻が得た家は競売にかけられ、妻や子どもの住む家がなくなってしまうリスクがあるので注意が必要です。

妻が夫にローンの資金を支払う

離婚後も夫が住宅ローンを支払うケースにおいて、妻から夫に住宅ローンの資金を渡すことは可能です。

住宅ローン名義を変えられないので金融機関に対しては夫が支払いをするけれども、夫婦の間で妻が住宅ローンを負担する約束をする方法です。

離婚時に元夫と元妻で賃貸借契約を締結し、家賃として妻が夫に住宅ローン相当分を支払う方法も考えられます。

ただし、この場合も、いくら妻が毎月お金を支払っていても、夫が住宅ローンの返済をしなくなったときは家が競売にかけられるリスクがあります。

3.売却して分ける方法もある

これまでみてきたとおり、離婚後、妻が夫名義の家に住み続けるには、様々なリスクや労力が必要となります。

住宅ローンの完済を待つにしても、完済するまでの約20年~30年といった月日の中で、元夫の身に金銭面や健康面で何も起きないという保証はどこにもありません

奥様
離婚して他人になるのに、本当に何十年もの間、約束を守ってくれるかしら…

そういった不安を解消する為にも、家を売却して夫婦で売却代金を分配すると、一番あと腐れなくスッキリ解決できます。

住宅ローンの返済中でも、家を売ることができます。売却すれば妻の手元にお金が入ってくるので、そのお金で新しい家を探すことができます。話合いによっては、売却代金を全額妻に渡すことも可能です。

売却するときには、不動産会社に依頼する必要がありますが、いきなり不動産会社を訪ねて相談するのは気が引ける、という方は少なくありません。

この場合、匿名かつ無料でスマホで気軽に相談できて、適切な不動産会社を紹介してもらえる「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。