不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

離婚で家の査定が必要なケースと見積もりを無料でもらう方法

不動産売却(離婚)

奥様

離婚したいけれど、家の財産分与をどのように進めたら良いかわからない…

ご主人様

家の評価額を調べるにはどうしたらよいのか?

奥様

家の査定金額は、不動産会社によって違うの?

離婚するとき「家の査定金額」を明らかにしなければならないケースがあります。

そもそも家の査定金額とは何なのか、どのような場合に必要になるのか、また見積もりの取り方や損をしないための対処方法について説明します。

家の査定金額(査定価格)とは

家の査定金額(査定価格)とは「家を売り出したときにいくらで売れそうか」という見込みの金額です。家の価値を査定して出した結果の金額なので「査定額」と言います。

家などの不動産は、スーパーやデパートの商品のように値札がついているものではありません。日々刻々と価値が変動しますし、使用方法によっても価値の低下度合いが変わってきます。そもそも同じ不動産は世界に2つとありません。

現状どのくらいの価値があるかは住んでいる人にもわからないので、専門家が調べて算定する必要があります。そこで家を査定に出して、査定額を調べます。

離婚の際、家の査定額が必要な理由

ただし、家に住んで普通に生活しているだけならば、家の査定など不要です。ただし、離婚する場合は査定が必要になります。

マイホームのある夫婦が離婚するときには、家の財産分与(ざいさんぶんよ)を行います。その際には夫婦で不公平にならないようにするため、家の価値を半額ずつ取得するのが基本です。

「半額」と言っても、もとの金額が明らかにならなければいくらが半額か分かりません。

そこで話し合いをする前提として家の「査定」をとり、家の価値について夫婦で共通認識を持っておくのです。

家の査定が必要なケース

離婚の際、家の査定が必要になるのは次のような場合です。

①夫婦にマイホームがある

夫婦に持ち家がある場合、家は財産分与の対象になるので基本的に家の査定が必要になります。

査定額がわからないと、財産分与の方法についての互いの希望も出しにくいからです。たとえば価格の高い家なら「ほしい」と思うかもしれませんが、低い家なら関心を持たない人も多くなります。

②財産分与によって家をどちらかがもらい、相手に代償金を払う

財産分与の際、夫婦のどちらかが家をもらって、その分相手に家の半額分の代償金(だいしょうきん)を支払うケースでは、代償金は「家の価格の半額」となります。

代償金を計算するためには、必ず家の査定が必要です。

③財産分与によって家をどちらかが単独取得する

財産分与で家を夫婦のどちらかが単独取得するケースがあります。この場合「代償金の計算が要らないので査定は不要」と思うかもしれません。

しかし、家の価値がわかったら、単独取得という話自体が変わってくるかもしれません。たとえば、思っていたより高かったら、相手に全部譲るのが惜しくなってお金を払ってもらおうと考える方もいます。反対に思ったより低かったら「やっぱり家は要らない」と思うかもしれません。

離婚後、夫婦のどちらか一方が家をもらうことに決まっているケースでも、必ず査定額は確かめておきましょう。

④家を売却する

家を売却してしまうケースでも、必ず家の査定が必要です。この場合には、財産分与のためというより家の売却手続きを進めるための査定をします。

家を売却するとき、一般的にはまず査定を行い、その金額をもとに売り出し価格を決めます。そして買主と売買価格の交渉を行い売却する流れとなるからです。

不動産売却(売却方法)はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

また、いくらぐらいで売れるか知ることによって、残っている住宅ローンを返済できるのかどうかを調べておく必要があります。

不動産売却(離婚)離婚時、家の残債(住宅ローン)は折半しないといけないのか?

家の査定(見積もり)を取る方法

家の査定を取るには、次の2つの方法があります。

①不動産鑑定士に依頼する

1つは不動産鑑定士に鑑定評価してもらう方法です。非常に精度の高い価額を出してもらえますが、費用が30~50万円程度かかります。離婚のための査定ではあまり利用されません。

②不動産会社に依頼する

もう1つが、不動産会社に査定(見積もり)を依頼する方法です。家の売り出しを前提に査定を依頼すると、不動産会社から金額を明らかにした査定書を出してもらえます

不動産売却(売却基礎知識)不動産の査定方法についてわかりやすくまとめた(マンション・戸建て・土地編)

不動産会社の見積もり査定の場合、料金は無料ですし、2日~1週間程度で金額が出ます。離婚のケースでも頻繁に利用されています。

とはいえ、財産分与だけの計算したい場合や、まだ売ることが決まっていないのに、不動産会社に見積もり査定を依頼すると「家を売らないといけないの?」と考える方もいます。

お家の査定価格がいくらなのか知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

たとえば、自分が不動産をもらって代償金を支払う側なら、査定額はなるべく低い方が得です。いくつもの不動産会社に査定書を出してもらい、もっとも低い金額の査定書を夫や妻に提示すると良いです。

反対に自分が代償金をもらう側なら査定額はなるべく高額な方が得です。そこで複数の不動産会社に査定依頼を出して、もっとも高く査定してくれた業者の査定書を夫や妻に提示します。

単独でお家の取得を迷っている場合や売却したいケースなどには、複数の不動産会社の査定額の平均値あたりを見て、だいたいそのくらいの価値と予測を立てられます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。