不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

離婚で家を手放すべきケースとそうでないケースについてまとめた

不動産売却(離婚)

奥様

離婚しても、家は手放したくない…

奥様

離婚で、家を手放さないといけないのはどういう場合なのかしら…?

奥様

家を手放すと、どのくらい住宅ローンや税金の負担が軽くなるのかしら…?

離婚するとき、家を手放すか手放さないかで迷ってしまう方も多いです。

家を手放すべきケースはどのような場合なのか、また実際に家を手放したらどの程度負担が軽くなるのか、家を手放す方法についてわかりやすく説明します。

家を手放すべきケースとは

離婚するからと言って、必ずしもお家を手放さないといけないわけではありません。手放すべきケースは次のような場合です。

1.夫婦のどちらも家に住みたくない

1つは、夫婦のどちらも家に住むことを望んでいない場合です。どちらも住まないのであれば、家を手放して売却代金を2人で分ける方が良いでしょう。

2.住宅ローンを支払えない

住宅ローンを組んで家を購入しており、ローンの負担が苦しくなっている場合には家を手放した方が良い可能性があります。

離婚後に住宅ローンを払えなくなったら、家を競売(きょうばい・けいばい)にかけられて強制的に売却される可能性が高くなります。

そうなる前に、市場で売却しておくと家が高額で売れて住宅ローンの負担も軽くなりますし、住宅ローン自体を完済できる可能性もあるからです。

3.夫婦のどちらも家の管理をしたくない

夫婦の両方が家に住まない場合、賃貸に出して活用する方法などもありますが、どちらも管理をしたくない場合には手放した方が良いでしょう。

家を手放さなくて良いケースとは

一方、次のようなケースでは、家を手放す必要はありません。

1.夫婦のどちらかが家に住みたい

1つは、夫婦のどちらかが、引き続きお家に居住したいと希望している場合です。この場合には、家を残してその配偶者が家に住み続ける方法を考えましょう。

ただ、住宅ローンを払えない場合などには手放すしかないケースもあります。

2.住宅ローンがない、あっても払える

家を手元に残すには、住宅ローンの問題をクリアにすることが必須です。

そもそもローンを組んでいない場合や住宅ローンを完済している場合には、家を残しても問題はありません。また、もし住宅ローンがあっても支払えるのであれば、手元に残すことができます。

3.家を賃貸に出して活用したい

夫婦のどちらも家に住まないとしても、家の資産価値が高く、賃貸物件として活用したいケースもあります。

その場合には、家をあえて手放さずに賃貸活用し、夫婦の双方やどちらかが収益を得続ける選択肢もあります。

家を手放すことによって軽くなる負担

離婚時に、家を手放す理由として大きいのは経済的な負担からです。家を売却することで負担が軽くなり、離婚後の生活が楽になるからです。

実際に家を手放したらどのくらい負担が軽くなるのか、みてみましょう。

1.住宅ローン

家を売却すると住宅ローンの負担がなくなる可能性があります。家の売却価格が残っている住宅ローンの金額より高い「アンダーローン」の状態であれば、家を売却した代金で残っているローンを完済できるので、残ローンが0になります。ただ、その場合でも、新しい住居の賃料が発生します。

逆に、家の売却価格が残っている住宅ローンの金額より低い「オーバーローン」状態の場合には、家を売却して手放してもローンを完済できず、残ったローンの負担がかかってくるので、必ずしも楽になるとは限りません。

不動産売却(離婚)離婚時に家が「オーバーローン」かどうかの調べ方と対処方法

2.固定資産税・都市計画税

不動産を所有していると「固定資産税」「都市計画税」の負担がかかることを忘れてはいけません。これらの税金は、年に数十万円になるケースもあり、軽く考えるべきではありません。

参考 固定資産税はいくら?イクラちゃんねる

家を手放せば固定資産税などの負担がなくなるので、ケースによってはかなり出費が減ることも考えられます。離婚前に家を手放すか悩んだときには、毎年どのくらいの税金がかかっているのか見直してみましょう。

3.マンションの管理費用・修繕積立金、戸建ての修繕費用

今のお家がマンションの場合、住宅ローンとは別に管理費・修繕積立金を払っているはずです。

これらの金額はマンションによってまったく違いますが、数万円単位となっているケースが多いです。
マンションを売却したら、これらの毎月の費用もかからなくなるので、家計が楽になるでしょう。

一方、戸建てなどの一軒家の場合には、一定の年数が経過してくるとさまざまな箇所に不具合が出てきて、修繕が必要です。外壁の塗り直しなどは数十万円単位、それ以上にかかることも普通にあります。

家を手放したらこのような修繕費用は不要になります。また庭などの維持管理費用も不要となります。

このように家を手放すと、住宅ローンの負担以外にもいろいろと出費を減らせるのは事実です。

家を手放す方法

家を手放すとき、一般的には不動産会社に査定をしてもらい、媒介契約を締結して売り出してもらう流れとなります。

不動産売却(売却方法)はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)

ただし、オーバーローンの物件で任意売却するときには、金融機関の了承を得てから売り出しを開始し、売買契約締結の際にも金融機関の承諾を得る必要があるため注意が必要です。

家が売れたら、売却代金からローンを返して残ったお金を夫婦で分けます。

家を手放すか迷ったときには、手放した後にどのくらいローンが残るのか、今と比べてどの程度楽になるのか、あるいは負担が重くなるのか、事前にシミュレーションすることが重要です。

そのためには、まずお家がどれぐらいの金額で売れるのか査定価格を知る必要があります。

まだ、売るかどうか決まっていないのに、不動産会社に査定してもらうのは、売らされそうで気が引けるという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

あなたのお家の査定価格を教えてもらうことができ、売りたいときは、その地域で売却に強い不動産会社を紹介してもらうことができます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。