不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

離婚の際、家のローン借り換えをすべきケースと方法についてまとめた

不動産売却(離婚)

奥様
離婚で家をもらうことになったので、住宅ローンの借り換えをしたい…
ご主人様
住宅ローンの借り換えをするメリットは?
ご主人様
そもそも離婚で住宅ローンの借り換えが必要な場合とは…?
奥様
住宅ローン借り換えの方法を知りたい

こちらでは、住宅ローンの借り換えが必要な場合と方法について説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンの借り換えとは、今の住宅ローンを別の住宅ローンに変更することです。

典型的な住宅ローン借り換えのパターンとしては、今、A銀行で住宅ローンを借りている場合、B銀行から新規にローンを借りてA銀行に完済し、その後はB銀行へと返済を続けていきます。

金融機関を変えると返済条件も変わることが通常です。また、借り換えによって債務者(さいむしゃ:借りている人)を変更することも可能です。

もともと、夫名義で住宅ローンを組んでおり、離婚で夫から妻へと財産分与をした場合には、住宅ローン名義だけが夫のままでは不都合です。そこで、住宅ローンの借り換えを利用して、住宅ローン名義人を妻に変更し、所有者とローン名義人を一致させるケースが多いです。

住宅ローン借り換えをするメリット

住宅ローンを借り換えするメリットは次の点があげられます。

債務者の名義を変更できる

離婚の際、夫から妻などにローン名義人を変更しようとして、今借りている銀行に「債務者の名義だけ変えてほしい」と相談しても、金融機関はなかなか了承してくれないのが現実です。

これに対し、新規貸付であれば銀行にとっても顧客獲得につながるので、比較的審査に通りやすくなります。また1行で審査に落ちても他行で通ることもあるので、借り換えだと広く借入先を探せます。

条件が良くなるケースもある

今の住宅ローンよりも金利などが低い銀行を探せたら、毎月返済の金額が減り、条件が良くなる可能性もあります。

連帯保証人を外せる

今の住宅ローンに「連帯保証人」がついている場合には、今の住宅ローンで債務者だけ変更しても連帯保証人がついたままです。借り換えをすると今のローンを完済できるので現在の連帯保証人を外せます。

離婚するとき、妻が家の連帯保証人から外れる方法についてまとめた

不動産売却(離婚)離婚するとき、妻が家の連帯保証人から外れる方法についてまとめた

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

住宅ローン借り換えのデメリット

住宅ローンを借り換えするデメリットは次の点があげられます。

諸費用が余計にかかる

住宅ローン借り換えのために新規にローンを組むときには、ローン設定費用や保証料などいろいろな費用がかかります。こうした費用は借り換えをしなければ不要だった余分な出費になります。

繰り上げ返済手数料がかかる

住宅ローン借り換えをするためには、借り換え前の銀行へ「繰り上げ返済」しなければなりません。その際、多くの銀行で「繰り上げ返済手数料」がかかります。

条件が良くなるとは限らない

離婚にともなって、債務者を変更したり、連帯保証人を外したりするために住宅ローン借り換えをする場合「借り換えに応じてくれる金融機関」を探すことが第一目標です。

たとえ、少々今の条件より悪くなっても、ローンの名義人の変更するために利用せざるを得ないケースもあります。そうなると、今よりも月々の返済額や総返済額が上がってしまいます。

離婚で住宅ローン借り換えが必要なケース

離婚の際に住宅ローン借り換えが必要になるのは、次のような場合です。

これまで住宅ローン名義は夫だったが家を妻名義にするので住宅ローンも妻に変えたい

離婚の財産分与で、住宅ローンつきの家の所有名義を夫から妻に変更するなら、住宅ローン名義の変更も必要です

住宅ローン返済中に勝手に他の人へ所有名義を変更すると、金融機関との契約違反になるからです。

住宅ローンの名義変更には、住宅ローンの借り換えが有効です。妻が新たに別の銀行で住宅ローンを組んで以前の夫名義のローンを完済すれば、堂々と家を妻名義にできますし、夫は住宅ローンから解放されます。

これまで妻や妻の親族が住宅ローンの連帯保証人になっていたが、離婚するので連帯保証人から外れたい

住宅ローンの借り換えをすると、連帯保証人つきの従来の住宅ローンを完済できるので、以前の連帯保証人を外せます。

離婚に際してよりよい条件の住宅ローンに借り換えをしたい

住宅ローン債務者の名義はそのままでも、離婚を機に住宅ローンをよりよい条件に変えたい場合があります。このような場合、よりよい条件の銀行を探して住宅ローン借り換えをすると効果的です。

離婚に伴う住宅ローン借り換えの方法

  1. まずは住宅ローンの相談に行く
  2. 審査を受ける
  3. 住宅ローン貸付の決定が出る
  4. 以前のローンを完済する

①まずは住宅ローンの相談に行く

住宅ローンの借り換えをしたい場合には、まずは新たに借入をしたい銀行や金融機関へ住宅ローンの相談に行きましょう。

1つの銀行にこだわらず、いくつかの銀行に相談をして条件などを比較すると良い銀行を選びやすいです。

②審査を受ける

借りたい銀行を絞ったら、住宅ローンの申込みをして審査を受けましょう。審査の際には不動産関係の資料や本人確認書類などいろいろな書類が必要となります。

1つの銀行の審査に落ちても他行で通るケースもあります。

③住宅ローン貸付の決定が出る

審査に通ったら、銀行で住宅ローン貸付の決定が行われます。

④以前のローンを完済する

貸付の決定が出たら、新たな銀行から借り入れたお金で以前の住宅ローンを完済します。その後は新たな銀行へ、新たな返済条件をもって住宅ローンの返済をしていきます。

どうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。