不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

専業主婦が離婚するとき、家を全部もらうことはできるの?

離婚が原因での不動産売却方法

離婚するときに夫婦の家があれば、財産分与によって家を分けます。

売主

専業主婦で家の購入資金を出していなくても、家をもらう権利ってあるのかしら…

実は専業主婦であっても、財産分与で家を「全部もらう」ことも可能です。

こちらでは、離婚時に妻が専業主婦の場合において、家の財産分与をする方法をわかりやすく説明します。

財産分与(ざいさんぶんよ)とは

財産分与とは「夫婦の共有財産を清算すること」です。

法律上、結婚中は夫婦の財産の一部が「共有状態」になっていると考えられています。たとえば、預貯金や不動産、生命保険などの財産は、夫婦が共同で所有している状態とされるのです。旦那名義などの「名義」とは直接関係ありません

しかし離婚すると、共有状態のままにはしておけないので、財産分与によってきちんと分ける必要があります。清算(せいさん)とは、過去の関係に始末をつけるという意味です。

家も財産分与の対象になるので、離婚する夫婦が家を所有していれば、離婚時に財産分与で家を分けます

財産分与の割合

財産分与の割合とは「夫婦のどちらがどれだけの財産をもらうか」ということです。

夫婦が財産分与を行うとき、その「割合」をどうするかが問題になります

このとき、「夫の方が財産をつくったことへの貢献度が高ければ、夫の取得分を多くすべき」という考え方があります。専業主婦の場合、家にお金を入れていないことも多く、家の購入資金は全額夫の給料や住宅ローンということもあるでしょう。そうであれば、財産分与の割合も夫が多めになるのが普通のような気もします。

しかし法律では、このような考え方をとっていませんたとえ、夫婦の収入に格差があったり、一方の収入が0であったりしても、夫婦の財産分与の割合は基本的に2分の1ずつとされます

過去の裁判の判決には、夫の取得分を妻の取得分より多くするもの(たとえば6:4とする)もありましたが、今はそういった取り扱いはされていません。

それは「夫が外でお金を稼ぐことができたのは、妻がきちんと家を守っていたからだ」という意味で、妻にも財産形成に対する貢献度があると考えられているからです。

つまり、専業主婦であっても、家の半分をもらえる権利があります

専業主婦でも家を全部もらえる

それではもっと話を推し進めて、専業主婦である妻が家を「全部」もらうことはできないのでしょうか?

たとえば、離婚後に妻と子どもが家に住み続けたいので、家の権利をすべて譲ってほしいということもあるでしょう。

しかし、妻が家をもらうと、夫の取得分がなくなって不公平になってしまうように思えますが、専業主婦が家を全部もらうことは可能で、その方法には、次の2種類があります。

1.家を全部財産分与してもらう

1つ目は、夫と話合いをして家を妻に全部財産分与してもらう方法です。

財産分与の割合は、基本的に夫婦が2分の1ずつです。この方法がもっとも公平なので、裁判所が審判や訴訟で財産分与を決定するときには、割合を2分の1にされます。

ただし、財産分与の方法を夫婦の話し合いで決定するときには、必ずしも2分の1にこだわる必要はありません。どちらかの取得分を多くしてもかまいませんし、場合によってはすべての財産をどちらかに分与することも許されます。

そこで、離婚後妻が子どもを引き取って家に住むのであれば、夫に譲ってもらって家を全部妻に財産分与してもらえば良いのです。この方法でも、法的に何の問題もありません。

2.半額の代償金を支払う

妻が全部家をもらうとなると、夫が納得しない可能性もあります。

その場合には、妻が夫に家の半額分の「代償金(だいしょうきん)」を支払う方法があります。

代償金とは、妻は家を全部もらう代わりに、夫にお金で弁償をするということです。

たとえば、妻が3000万円の家をもらい、夫に1500万円を現金で支払えば、お互いに公平に家を分け合うことができますし、妻と子どもは住む家を確保できます。

住宅ローンが残っている場合は注意!

このように、専業主婦の妻が夫から家を全部もらうことは可能ですが、住宅ローンが残っている場合には要注意です。

夫名義で住宅ローンを組んでいる場合、離婚したからといって住宅ローン名義を変えることはできません。また、ローンを完済するまでの間は、住宅の所有名義人も変えてはいけないという契約内容になっていることがほとんどです。

そこで、離婚と同時にローンを完済しない限り、家のローンも所有名義人も夫のままになってしまいます。離婚後、妻と子供が家に住み続けることは可能ですが、財産分与で妻が家をもらうことは難しくなります。

家を妻名義にするには、妻や妻の親族名義で住宅ローンの借り換えをするなどして、今の夫名義のローンを完済する必要があります。

離婚が原因での不動産売却方法離婚時、旦那名義の家を勝手に売却される危険性と対処方法

まとめ

妻が離婚後に子どもと家に住みたいなら、婚姻中の家にこだわらず住み替えする方法もあります。

たとえば今の家は売却して、新しい家を買ったり借りたりするのも1つの考え方です。

財産分与をして全部もらうにしても、半額の代償金を支払うにしても、夫との話し合いでは今のお家がいくらぐらいなのかが争点となります。

とはいえ、「お家を売るかどうかわからないのに、不動産会社に相談するのは抵抗がある」という方も多くいます。

今のお家がいくらぐらいなのか、売却価格を知りたい方は「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。