不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

買い替え(住み替え)したいのに家が売れないときの対処方法

不動産売却(買い替え)

ご主人様
家が売れないから買い替えできない!

買い替え・住み替えをしようと家を売り出したはいいけど、なかなか売れないという人は少なくありません。

こちらでは、買い替えしたいのに家が売れないときの対処方法について説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

買い替え・住み替えで家が売れないときの対処方法

家が売れないときの原因は、多くの場合、価格高すぎるか、物件に問題があるか、不動産会社の力不足によるものです。まずはそこを見直し、それでも売れない場合に「業者買取」を検討してみましょう。

①価格を下げる

「問合せが少ない」「内覧希望がほとんど入らない」という状況なら、価格が高いことが売れない原因かもしれません。

  • 最初にもらった査定書をもう一度見てみる
  • SUUMOHOME’Sat homeに掲載されている類似物件と価格を比較してみる

このような確認を経て、「価格に問題がある」と判断すれば、販売価格を下げて相場に近づける必要があります。

奥様
問合せや内覧希望はあるのに、なぜか売れない!
ご主人様
相場からかけ離れているとは思えない!

もし、このような状況であれば、価格に大きな問題はないとも判断できます。そのような場合は、家自体に問題がある可能性があります。

②家をより良く見せる工夫をする

問合せや内覧希望が一定数ある場合、価格は市場のニーズからかけ離れていないと判断できます。

それでも売却にいたらないのは、

奥様
実際に家を見てみたら期待はずれだった
ご主人様
築年数以上に古さを感じる…

このように思われてしまった可能性があります。

この場合の対策としては、ハウスクリーニングやホームステージングが効果的です。

業者によるハウスクリーニングは、10万円以下でも可能です。クロスの張替えなどを含めると少々値が張りますが、見違えるように家が綺麗になるものです。

参考 ハウスクリーニングくらしのマーケット

そしてホームステージングとは、良い住まいを演出することです。

物があふれかえっていたり、生活感が丸見えだったりすると、どうしても買い手の購買意欲は落ちてしまいます。不用品を処分したり、内見前の清掃に少し気を遣ったりすることで、成約にいたる可能性は高まります。

参考 ホームステージングイクラちゃんねる

③不動産会社を変える

家が売れる金額やスピードは、売却を依頼する不動産会社次第だといっても過言ではありません。

価格が高すぎたり、経年劣化以上に見た目が悪かったりすれば確かに売れません。しかし、

ご主人様
理由がわからないけど、なぜだか売れない…

こんな場合には

ご主人様
不動産会社を変更した途端に売れた!

なんてこともよくある話です。

そもそも査定額は的確だったのか?売却活動がしっかりおこなわれているのか?

この辺りにも疑問を持ち、他社で査定依頼しなおして、不動産会社を変更するのも1つの選択肢です。

おすすめの不動産会社はどこ?売却経験者から学ぼう!

不動産売却(売却基礎知識)おすすめの不動産会社はどこ?売却経験者から学ぼう!

ただし、専任媒介専属専任媒介を締結している場合、媒介契約期間内の売主意向による解約は、それまでにかかった広告活動費の実費を請求される可能性があります。全ての契約で請求されるわけではありませんが、不動産会社に解約の条件を聞いてから判断するようにしてください。

④買取を検討する

奥様
今すぐに買い替えしたい!
ご主人様
新居の購入を先行させちゃったらから、この日までに売れなきゃ困る!

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

買い替えで「売れなければ買えない」人は、「売り先行」にして売却に時間をかけるべきですが、もしこのような状況にあるのなら業者買取を検討してみましょう。

売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

不動産売却(買い替え)売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

買取とは、一般の消費者ではなく不動産会社に家を買い取ってもうという売却方法です。買取業者は基本的に即金で買取が可能なので、最短で数日から数週間で家を売却することができます。

ただし、買取価格は相場の7割前後になるのが一般的なので、その点もふまえて検討するようにしてください。

不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

⑤「ダブルローン」を組む

実は今住んでいる家が売れなくても、買い替えを可能にする方法があります。それは「ダブルローン」を組むという方法です。

家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

不動産売却(買い替え)家を買い替えする際のダブルローンとはなにかわかりやすくまとめた

「ダブルローン」という商品の住宅ローンを組むのではなく、今住んでいる家を売却する前に新居を購入し、旧居と新居の住宅ローンを一時的に重複させるということです。

もちろんダブルローン期間中の負担は大きくなりますし、そもそもローンの審査に通らない可能性もあります。

  • 今住んでいる家の売却中に、どうしても購入したい家が売りに出てきた
  • 資金的余裕がある

ダブルローンは、このような場合の選択肢の1つとして考えてみてください。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

業者買取やダブルローンは最終手段

買い替えで家が売れないときの対処法として、業者買取やダブルローンも紹介しましたが、「仲介」によって一般の消費者に売却すること今住んでいる家が売れてから新居を購入することを買い替えで優先すべきです。

理由は、「仲介」の方が「買取」より高く売れるからということと、ダブルローンの状態にすることは大きな負担になるからです。

不動産を高く売る方法である「仲介」とはなにかについてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産を高く売る方法である「仲介」とはなにかについてまとめた

価格を下げたり、費用をかけて修繕をしたりすることも安易にするべきではありません。買い替えの場合はなにもせずに現状のままで売れるのが一番良い方法ですから、まずは一度、客観的に他社の見解を聞いてみるのが最善の方法といえるでしょう。

買い替え・住み替えをしようと家を売り出したはいいけど、なかなか売れないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。