不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)するときの費用

不動産売却(買い替え)

奥様
家を売ってから新居に住むまでに、一旦賃貸に仮住まいしなきゃいけない…

家の買い替えでは、新居に引っ越す前に、一旦、賃貸住宅での仮住まいが必要になるケースがあります。

こちらでは、家の買い替え時の仮住まい期間にかかる費用やポイントについて説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

1.家の買い替え(住み替え)で一旦賃貸(仮住まい)が必要なケース

家を買い替える場合、必ず仮住まい期間が必要になるわけではありません。仮住まい期間が必要になるのは、今住んでいる家を先に売却したときです。

売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

不動産売却(買い替え)売り先行による買い替え・住み替えの流れについて解説する

売却を先行させて、売却する家の引渡しまでに新居が決まらない、もしくは購入はしたけど引渡しが間に合わないというときに仮住まいが必要になります。

2.家の買い替え時の仮住まいにかかる費用

家の買い替えで仮住まい期間が必要になるときにかかる費用は、次の3つがあげられます。

  1. 引越し費用
  2. 仮住まい中にかかる家の賃借料
  3. 荷物の量に応じてトランクルーム賃借料

①引越し費用

家の買い替えで仮住まい期間が必要になると、旧居から新居の引越しの間に、旧居から仮住まい住宅への引越し費用が余分にかかります。

②仮住まい中の賃借料

仮住まいのための賃貸住宅に住むには、月々の家賃が必要です。場合によっては敷金や礼金も必要になります。

もし、仮住まい先としてウィークリーマンションやマンスリーマンションを選択する場合、契約金は必要になりますが、敷金や礼金は不要です。ただし、月々の賃料は、一般的な賃貸の家賃より高額になる傾向にあります。

③トランクルームの賃借料

奥様
仮住まいの家は一時的だし、狭くたっていい

とお考えになるかもしれませんが、そうなると荷物の保管場所に困ることになります。もし、別にトランクルームなどを借りれば、その賃料も必要になります。

荷物も一緒に保管できる広さの賃貸住宅を探すか、狭い家とともにトランクルームを借りるかは、家賃の総額を考えて選択します。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

3.家の買い替えで仮住まいするときのポイントは物件選び

家の買い替えで仮住まいをするときのポイントは、物件選びにあります。先ほども少し触れましたが、仮住まい先として考えられるのは次の2つです。

  1. 一般的な賃貸住宅
  2. ウィークリー・マンスリーマンション

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

①一般的な賃貸住宅

メリット

・条件にあった家が見つかりやすい

デメリット

・敷金・礼金、仲介手数料など初期費用がかかる
・短期間だとなかなか受け入れてもらえない

賃貸住宅は物件量が豊富なので、広さや立地などの条件にあった住まいを見つけることができます。

ただし、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が高いこと、そもそも短期間だと貸してもらいにくいことから、賃貸住宅は短期間の仮住まいには不向きだといえます。

②ウィークリー・マンスリーマンション

メリット

・短期間でも問題なく借りられる
・初期費用が安い

デメリット

・賃料が高め
・造りが簡易的
・ファミリー世帯向けが少ない

ウィークリーやマンスリーのマンションは、数週間や1、2ヶ月などの短期間の仮住まいに適しています。一般的な賃貸住宅より賃料が高いですが、初期費用が安いため、短期間の場合の総額はウィークリー・マンスリーマンションの方が低い傾向があります。

ただし、単身者向けのものが多く、ファミリーや荷物が多い世帯には不向きです。

4.仮住まい期間なしで家の買い替えをする方法

今住んでいる家を先に売るという買い替え方法は、新居の予算が立てやすく、家が好条件で売れる可能性が高いというメリットがあります。

しかし、次のように感じる方も少なくないでしょう。

奥様
仮住まいが必要になると、余計な費用がかかってもったいない
ご主人様
都合のいい物件が見つかるか不安…

最初に述べた通り、家の買い替えは仮住まいが必ず必要というわけではありません。次のケースであれば、家の買い替えで仮住まい期間は不要です。

①新居の購入を先行させたとき

今住んでいる家の売却ではなく、先に新居の購入を先行させれば仮住まい期間は不要です。

買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

不動産売却(買い替え)買い先行による買い替え・住み替えの流れや住宅ローンについて解説する

ただし、買い先行による買い替えは、住宅ローンの負担が増えたり、予算が確定しにくかったりすることなどがデメリットとしてあげられます。

②売り買いを同時決済したとき

売り先行、買い先行、どちらも一長一短ですが、売りと買いを同時決済にすることで両者の問題点の多くは解消されます。

売り買い同時決済とは、旧居と新居の決済・引渡し日を同日にするということです。売り先行、買い先行、どちらにしても、同時決済することは可能です。

奥様
旧居と新居を同日に引き渡して、いつ引っ越すの?

と疑問に思うでしょうが、同日決済の場合は、旧居の売買契約に「引渡し猶予」の特約をつけて、買主に旧居の引渡しを数日間猶予してもらいます。この間に旧居から新居に直接引っ越すことが可能なので、仮住まい期間が不要になります。

自宅を売って買う「買替え」のときに必要な「引渡し猶予」とはなにか

不動産売却(売却基礎知識)自宅を売って買う「買替え」のときに必要な「引渡し猶予」とはなにか

家の買い替えで、どうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。