不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

借金を返すために家を売却する方法についてわかりやすく説明する

不動産売却(金銭的理由)

ご主人様
借金がかさんでもう返済ができない。家を売って解決できるならそうしたい
ご主人様
なるべく高く家を売るにはどうしたら良いのか?
ご主人様
家を売っても借金が残ってしまったらどうなる?
ご主人様
家を売って借金を完済できるかどうかシミュレーションしたい

借金がかさんで支払いに追われると、精神的に追い詰められて生活も苦しくなってしまいます。

そんなとき、あなたが家を所有しているなら家を売って借金を完済できる可能性があります。

こちらでは、借金がかさんで支払いが厳しくなったときに家を売却して解決する方法について説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

家を売却して借金を返せる場合と返せない場合

サラ金やカードローンなどの借金がかさんでくると、どんなに節約をしても、副業で収入を増やしても、返せる目途が経たないケースがあります。最近では残業規制がかかっていて、残業で給料を増やすことも困難です。

ご主人様
このままでは家族を養うこともできない…

という状況になったら、家族と相談して家の売却を検討しましょう。

たいていの家は数千万円以上の価値があるので、売却すると大きなお金が手元に入ってきます。そのお金を借金返済に充てて完済できると、借金問題から解放されます。

ただし家を売却して借金を返せないケースもあるので注意が必要です。

それは次のような場合です。

オーバーローンの場合

オーバーローンとは、残っている住宅ローンの金額が不動産の価値を上回っている状態です。つまり、家を売っても住宅ローンを完済できないケースです。

オーバーローン

この場合、住宅ローンすら完済できないので、その他のサラ金やクレジットカードなどの借金返済に充てられるお金は0円です。家を売っても借金を減らすことは不可能となります。

アンダーローンでもプラスの価値が借金額より小さい場合

反対に、家の価値が残っているローンより高いアンダーローンのケースでも、家を売ってローンを払った余りの金額が少なければ借金返済に充てられる金額も少額です。

アンダーローン

たとえば、家を売って住宅ローンを完済した残りが50万円で借金が300万円なら、50万円しか借金返済できないので250万円の借金が残ってしまいます。

家を売却して借金返済できるかシミュレーションする方法

このように、家を売っても借金を完済できるかどうかわからないので、家の売り出しを開始する前に、まずは売却によってどこまで借金を返せる見込みがあるのかシミュレーションをしましょう。

そのためには、次の2つの資料が必要です。

ローン償還表

現時点でいくらの住宅ローンが残っているのかを確認します

固定金利なら当初に金融機関から全期間分もらっているケースが多いですし、変動金利なら半年ごとに郵送で送られてきているでしょう。

家の査定書

現時点で家がいくらぐらいで売れるのかを確認します

不動産会社などに依頼して、家の簡易な査定書を出してもらいます。査定書には「今売り出したらいくらくらいで売却できそうか」という値段が書かれています。

ただし、不動産会社は、売却することを前提に査定書を無料で作成するので、営業活動を受けることになるでしょう。

現時点で家がいくらぐらいなのか査定価格だけが知りたいという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。

2つの書類がそろったら、住宅ローンの残債と査定額を比較します。査定額の方が高ければ、一応アンダーローンですから、差額によって借金を返済できるかどうかを計算します。差額が大きく、借金を十分返せそうであれば家の売却を進めましょう。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

家を売っても借金が残ってしまったら

家は、必ず査定価格で売れるとは限りません。また、売却代金から不動産会社の仲介手数料や司法書士へ支払う登記費用などの諸費用も引かれます。

残っている住宅ローンと売却金額の差額が小さく、借金を完済できなかった場合には、残った借金をこれまで通り返済していかなければなりません。ただし、家を売ったお金でまとまった金額の繰り上げ返済ができれば、売却後の返済は楽になる可能性が高くなるでしょう。

また、家の売却後に安い賃貸住宅に引っ越せば月々の住居費も下がるので、借金に充てられる金額も大きくなるでしょう。

住宅ローンを借りている場合の家の売り方

住宅ローンを借りている場合、銀行など住宅ローン債権者(貸している側)に無断で家を売ると住宅ローンの契約違反になってしまうリスクがあります。

確実なアンダーローンであれば問題はありませんが、オーバーローンになる可能性があるなら必ず事前に金融機関の承諾をとって「任意売却(にんばいきゃく)」を進めましょう。任意売却とは、ローン債権者と協力して不動産を市場で売却する方法です。

任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法

不動産売却(金銭的理由)任意売却とは住宅ローンを滞納している人のための不動産売却方法

また、家の売却代金で住宅ローンと借金を完済したいなら、できるだけ高額で家を売らねばなりません。そのためには家の売却に長けている腕の良い不動産会社を選んで仲介を依頼すべきです。

家を不動産会社に買い取ってもらう方法について

切羽詰まっていて家を早期に売りたい場合には、不動産会社に家を買い取ってもらう方法があります。

買取金額は市場で売却する価格より下がりますが、即金でまとまったお金が入ってきて、すぐに借金返済に充てられます。税金や電話代などいろいろ滞納しているものがあれば、そういった支払いもできます。

不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

不動産売却(売却方法)不動産をすぐに売ることができる「買取」という方法についてまとめた

市場で時間をかけて高値で売るのか、早期に買い取ってもらうか迷っているという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。