不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!
24時間以内に価格がわかる

不動産会社の担当者を変更するための方法と基準についてまとめた

不動産売却(売却基礎知識)

奥様
営業担当者さんを変更してもらいたい…

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却では、相談から契約、物件の引き渡しまで、基本的に1人の営業担当者が仲介します。

こちらでは「性格的に合わない」「やる気が感じられない」など、営業担当者に不満がある時に、担当者を変更する方法や基準についてわかりやすく説明します。

記事を読んでもよくわからない。。

それなら スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談する

1.不動産会社の担当者は変更可能

媒介契約は、売主と不動産会社の契約です。担当者まで契約で定められているわけではないので、変更自体は可能です。

1-1 こんな営業担当者に注意!

こんな営業担当者は、変更を考えるべきです。

性格が合わない、好感が持てない

営業担当者は、査定や商談、案内などで何度も自宅にあげることにもなりますし、売買が完了するまで数ヶ月に渡って付き合いが継続する相手です。性格が合わなければ、それでだけでストレスにもなります。

さらに営業マンは、買主となる人にも接触します。そのため、清潔感があって、親切・丁寧で好感の持てる担当者の方が、絶対的に成約につながる可能性は高いといえます。

宅建資格がない、新卒・中途採用から間もない

有資格者でなかったり、経験が浅かったりすると、やはり専門性に不安があるといえるでしょう。不動産会社は、事務所に5人に1人以上の宅建士有資格者が在籍していれば営業できますから、中には資格を持たない担当者もいます。

報告・連絡・相談が少ない

担当者にもとめられるのは、レスポンスの速さとなんでも伝えてくれる誠実さです。ここが伴っていないと、買主からの相談に対しても誠実かつ素早い対応ができないということですから、売却のチャンスを損なう恐れがあります。

1-2 担当者を変更してもらうための方法

基本的に不動産会社側から担当者を変更することはありませんので、売主から変更してほしい旨を伝える必要があります。

伝え方としては、担当者本人ではなく上長にいうのがベストです。

ただ、不動産会社側からすれば担当者の変更は面倒ですから、「改善するよう指導しますので、もう少しこのままでやっていただけませんか?」と言われる可能性もあります。

そこで折れることなく、

ご主人様
さらに上の人に言います
奥様
では別の不動産会社に依頼します

などと言えば、スムーズに担当者を変更してもらえるはずです。

寝転びながらお家の売却相談
スマホの不動産屋さん

匿名&無料で相談

2.不動産会社ごと変更するという選択肢

営業担当者を変更することは可能です。しかし、不動産会社自体を変更した方が手っ取り早く、効果も高いケースがあります。

2-1 物件が重要視されていない可能性も

経験が浅かったり能力が低かったりする営業マンを担当にされるということは、不動産会社にあなたの物件が重要視されていない可能性があります。

  • 高額
  • 売れ筋
  • 上客

不動産会社からこのように判断されれば、確実に売却するために有能な担当者をつけるものです。

この場合、担当者を変更してもらったとしても同等の能力の担当者であることが予想されます。クレームまがいのことを言えば有能な担当者に変更してもらえる可能性はありますが、そこまでするのであれば不動産会社自体を変更した方がいいといえるでしょう。

2-2 他社に乗り換えた方が面倒ではない場合も

奥様
今の担当者を傷付けないように
ご主人様
担当者を変更してもらうと、今後の売却活動に影響が出るかな…?

このように、担当者を変更してもらうのは色々気を遣うものです。

高額な仲介手数料を支払うですから堂々と申し出ればいいのですが、「言い出しにくい」「強く言えない」という方もいらっしゃるでしょう。また変更してもらっても、イマイチな担当者がつくことも考えられます。

そのため、不動産会社自体を変えてしまった方が楽ともいえるのです。

2-3 媒介契約期間中でも変更は可能

媒介契約期間中でも、不動産会社を変更することは可能です。

現状の媒介契約が一般媒介契約であれば、今の不動産会社との契約を解除せずに新たな不動産会社と一般媒介契約を交わすことができます。

一般媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

不動産売却(売却方法)一般媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

一方、現状の媒介契約が専任媒介契約・専属専任専任媒介契約、もしくは新たに交わすのこれらの媒介契約の場合は、今の媒介契約を解除しなければ不動産会社の乗り換えはできません。

専任媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

不動産売却(売却方法)専任媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

専属専任媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

不動産売却(売却方法)専属専任媒介契約のメリット・デメリットについてわかりやすくまとめた

媒介期間が満了すれば自動的に媒介契約が解除になりますが、専任媒介契約・専属専任専任媒介契約は、期間途中で解除する場合、それまでにかかった広告活動費の実費を請求される可能性があることに注意してください。

媒介契約の解除は費用がかかるの?トラブルにならない解除方法

不動産売却(売却基礎知識)媒介契約の解除は費用がかかるの?トラブルにならない解除方法

とはいえ請求されるケースは稀なので、一度、解除要件など確認してみるといいでしょう。

2-4 不動産会社の再選定では担当者も必ずチェック

乗り換え先の不動産会社を決めるときには、同じような事態にならないよう、担当者についても必ずチェックするようにしましょう。

家の売却を任せる不動産会社の営業担当者の見極め方についてまとめた

不動産売却(売却基礎知識)家の売却を任せる不動産会社の営業担当者の見極め方についてまとめた

基本的には、物件を査定してくれる人がそのまま担当者になるものです。もし、査定の段階で担当者とフィーリングが合わなければ、その時点で変更をお願いすれば、後々の面倒を避けることができます。

人と人との関わりになりますので、どうしてもそりが合わないこともあります。あなたの大切な資産をお任せするのだからこそ、不満がある場合は、思い切って担当者あるいは不動産会社の変更を進めましょう。

担当者を変更したいけど、どうしたらよいのかわからないという人はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。あなたの状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスがもらえます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。