不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

土地をすぐに売るには?土地買取のメリット・デメリットをまとめた

不動産売却(売却基礎知識)

ご主人様
土地を買い取ってもらうメリットとデメリットは?

土地の売却には、「仲介」と「買取」の2種類の方法があります。

こちらでは土地の「買取」のメリットとデメリットについてわかりやすく説明します。

1.土地買取のメリット

まず、土地買取のメリットをみていきましょう。

1-1 早期売却が可能

土地買取の1つ目のメリットは、早期売却できることです。

買取なら最短1~2週間で売ることができる

仲介によって土地を売る場合、売却までにかかる期間は4~5ヶ月が一般的です。

一方、買取なら、売却金額を得るまでにかかる時間は早くて1~2週間ほどです。

固定資産税が高額な更地は早期売却のメリットが大きい

更地は、住宅が建っている状態と比較して固定資産税が高額です。それは住宅が建つ土地には、固定資産税が最大1/6になる軽減措置がとられているからです。

売却期間中にも固定資産税はかかり続けるため、更地はとくに早期売却の恩恵が大きいといえるでしょう。

1-2 確実に売れる

続いての土地買取のメリットは、確実性です。

仲介は確実ではない

仲介は一般消費者に向けて売却するため、買主が現れない限り売ることはできません。売り出してみて、半年や1年売れないことも考えられるということです。

買取は不動産会社が買主と決まっているため、確実に売ることができます

仲介は買主の都合に影響を受ける

仲介の場合、たとえ買主が購入の意思を示したとしても油断できません。買主のローン審査が通らなかったり、心変わりしてしまったりすれば、また一から売却をやり直す必要があります。

また買主に買い替えなどの都合があれば、引渡し時期が大幅に遅れることもありえます。一方、買取は不動産会社が買主であるため、即金、即決で引渡しまで終えることができるので、買取さえ決まれば引渡しまで心配いらずです。

2.土地買取のデメリット

ここからは、土地買取のデメリットをみていきましょう。

2-1 買取価格が安い

まず1つ目のデメリットは、買取価格が安いことです。

土地の買取価格は相場の7割前後

土地買取の価格は、一般的な相場価格の7割前後です。

買取業者は買い取った土地に建売住宅を建てたり、分筆して小分けにして売ったりすることで利益を得ます。そのため「仕入れ」である土地の買取価格が相場を下回ってしまうのです。

参考 建売住宅とはイクラちゃんねる 参考 分筆とはイクラちゃんねる

好条件の土地は高額買取もありえる

相場価格の7割前後が一般的とはいえ、好条件の土地は相場価格に近い金額で買い取ってもらえる可能性もあります。土地は建物と違って、再販売のために必ずしも費用のかかるリフォーム等が必要になるわけではないからです。

再販売することで確実に利益が出る土地だと不動産会社に判断されれば、高額買取にも期待できます。

2-2 買取詐欺にあう可能性も

土地買取で一番怖いのは、詐欺にあってしまうことです。

買取は見積額が全て

仲介と違い、買取は不動産会社の言い値である見積もり額がそのまま買取価格となります。「査定」ではなく「見積もり」ですから、その不動産会社の都合で金額が出されることもあるわけです。

騙されないためには査定も行っておくべき

不動産会社の言い値で売却金額が決まってしまう買取では、複数社に見積もりを取るのが必須です。併せて、査定依頼も同時に行っておくことをおすすめします。

査定価格とは、不動産会社が概ね3ヶ月以内に一般消費者が買ってくれると予想する金額です。査定価格がわかっていると、買取金額が安いのか高いのか判断する基準にもなります

ただし、この査定価格も不動産会社により数百万円の差が出ることもありますので、複数社に依頼し、平均をとるのがベストです。

3.どんな土地が買取に向いているのか

ご主人様
どんな場合に買取してもらえばいいのかな?

土地買取のメリットとデメリットを見てきましたが、どんな土地が買取に向いているのでしょうか?

3-1 需要が低い土地

基本的に買取に向いている土地は、需要が低い土地です。需要が低い土地は、相場価格で売り出したとしても売却までに時間を要する傾向にあります。

ただし、時間的制約がない場合には、短期間でもいいので仲介によって売る時間を作ることも大切です。相場価格から1~2割価格を下げてでも売却することができれば、結果として買取より高値で売れることも考えられます。

3-2 広すぎ・狭すぎ

需要が低い土地というのは、地方や田舎など立地の悪さだけが原因ではありません。

例えば住宅密集地にある広すぎる土地や、郊外なのに庭も作ることができないほどの狭小地など、その土地に見合わない広さの土地は需要が低いこともあります。

このような場合は売却のために土地を分筆したり、逆に隣の土地を買い求めて土地を広くしたりすれば売却できる可能性は高まりますが、手間も費用もかかります。「売るための労力がかかる土地」というのは、とくに現状のまま売却できる買取に適しているといえます。

3-3 古い家屋が建っている土地

古い家屋が建つ土地も、買取を1つの選択肢として考えてみましょう。家屋は解体しなくても「古家つき土地」として売却することはできますが、買主からすれば購入後に解体が必要なので、どうしてもマイナス評価になってしまいます。

解体すれば売却できる可能性は高まるものの、解体には時間も費用もかかります。また更地にすれば固定資産税が跳ね上がりますから、できる限り現状のままで売ることが賢明です。買取であれば解体いらずで現状のまま売ることができますから、固定資産税の増額もなく、早期に売却が叶います。

今すぐ、現状のまま売却できる「買取」ですが、買取価格が適正かどうか判断するためには、査定をすることも忘れてはなりません。相場価格を知りたい方はまず「スマホの不動産屋さん」でご相談ください。中立な観点で相場価格を導きます。また、買取についても相談できます。

こちらをクリック

匿名&無料 来店不要の不動産屋さん

スマホの不動産屋さん

※LINEでやり取りします。