不動産屋に行かなくても相談できる
「スマホの不動産屋さん」登場!

家を売るときいつまでに引越しすればよいの?(マンション・戸建て編)

売却ガイドブック(売却基礎知識)

あなたは、家(マンション・戸建て)を売却しようとしています。

もし、すでに空家なのであれば、引越しする必要はありませんよね。

売却ガイドブック(売却基礎知識)家に住みながら不動産の売却ってできるの?空き家の場合と比較してみた

でも、住みながら家を売却するときは、いつまでに引越ししなければならないのでしょうか?

住みながらの売却の場合の引越し

ここでは、家を売るときいつまでに引越しすればよいのかについてわかりやすく説明します。

引越しはいつまでにするの?

引越しは、残代金決済(物件の引渡し)の前日までに終わらせておかなければなりません。

あなたのお家に買い手が見つかった後の流れは次の通りです。

不動産売却における引越しのタイミング

  1. 不動産購入申込書
  2. 不動産売買契約
  3. 残代金決済と物件の引渡し

①不動産購入申込書

購入希望者から、「購入したい」との申し出を正式に書類で受け取ります。これが不動産購入申込書です。そこから売主と買主の間で、売買金額や引渡しの時期などの条件交渉が始まります。

②不動産売買契約

条件交渉があなたと買主の間でまとまれば、不動産売買契約を行います。不動産売買契約を結ぶことは「正式に不動産を売却できる」ということです。

ですが、不動産売買契約と同じタイミングで不動産を引渡せるわけではありません。不動産売買契約から物件の引渡しまで、一般的に準備に約2ヶ月ほどかかります。

そのため、不動産売買契約を結んでから、売主は物件を引渡す準備(引越しやローンの返済手続き・抹消登記など)を、買主は物件を引受ける準備(正式な住宅ローンの契約など)を行います。もちろん、売買契約前に引越しして、空き家にしても構いません。

③残代金決済と物件の引渡し

あなたが不動産を引渡す準備、買主が不動産を引受ける準備ができれば、物件の引渡しを行います。その際に売買代金から手付金を除いた金額である残代金を受け取ります。

こうして、買主から売買代金全てを受け取った段階で、不動産の所有権はあなたから買主に移ります。鍵も全て買主に渡します。もうあなたのものではありませんから、それまでには引越ししておかなければならないことになります。

つまり、家を売るときは、残代金決済(物件の引渡し)の前日までに引越ししなければなりません。(ただし、売主の引渡し猶予がある場合は除きます。)

まとめ

引越し先が決まっているのであれば、残代金決済の前日までに引越しすれば問題ありません。

しかし、売った後のお住まいが決まっていない場合、不動産売買契約を結んでから引渡しまでの間に、次のお住まいを決めなければならなくなります。

不動産売買契約を結んでから引渡しまでの期間については、条件交渉の際に決めることができますが、買主にも「この期間までに移らなければならない」という都合があることもしばしばです。

スケジュールに余裕を持つためにも、引越しを含めた売却後の予定を前もって立てておくことをお薦めします。

家の売却方法はじめて家を売る人のための不動産売却の手順と流れ(マンション・戸建て・土地編)
error: あなたのデバイスを確認しました。コピペによる流用を見つけ次第、それ相応の措置を取ります。